結婚式のスタイルは二人で決めてもいいの?|プロポーズ・結婚準備に役立つ情報集

結婚式のスタイルは二人で決めてもいいの?結婚式のスタイルはふたりできめていいのか

結婚式の会場を探し出だすと『結婚式のスタイルや会場、ふたりで決めていい?』という悩みが出てきます。結論から言えば、、、『候補を絞り込んでから親に相談するとスムーズ!』が一番いい対応かと思います。
【招かれたゲストの立場になって検討を】
どんなゲストを招くかによって、会場の選び方は変わる。駅からの距離、控室の有無、スタッフの対応など、ゲストの立場になって検討しましょう。

【両家の親の希望も聞いておくこと】
ふたりの希望だけで決めるのはトラブルのもと。検討段階で両家の親の希望を聞き、意見調整して。意見が対立したときは、お互いが納得するまで話し合いをしましょう。

【今どきpoint】資料請求や下見をして情報収集するのが基本

まずは、雑誌やインターネットで情報収集。候補を絞り込んでから親に相談するとスムーズ。人気の会場は早めに下見をして、仮予約期間中に相談する方法もお勧めです。

結婚式場探しで困ったら《ハピ婚》がおすすめ↓↓↓
ハピ婚のイメージ

後悔しない結婚式場選びのコツ

一般的に結婚式を挙げる式場は、大きく分けて「ゲストハウス」「ホテル」「レストラン」の3種類があります。そこの3種類に+で『神前式』『教会式』『人前式』の結婚式のスタイルを選んでいきます。
選択肢が多く、どこの式場も魅力的なので「なかなか式場を選べない」「どのスタイルが自分たちにはあっているんだろう」と、式場選びに苦戦してしまう花嫁・花婿さんは多いのではないでしょうか。

神前式

神前式のイメージ

特徴神道がベースとなった神前式は、大正天皇の結婚式を原型に民間に広まっていったそうで、 その歴史は100年ほど前から。主に神社で行いますが、最近では神前式の結婚式を挙げられるホテルや結婚式場も増えています。三三九度の杯を中心とした、おごそかな雰囲気が特徴です。

費用:3~10万円前後
おすすめポイント:厳かな雰囲気、白無垢や色打掛を着ることができる

神前式の挙式費用は、3~10万円前後。その他、雅楽の生演奏などを依頼すると別途料金がかかるようです。修祓の儀、三献の儀など神前式でしか味わえない神聖な気持ちで夫婦としてのスタートを切ることができそうですよね!

教会式

教会式のイメージ

キリスト教の教えに基づいて、チャペルで行われる結婚式のこと。結婚式といえば教会式のイメージがある方も多いのではないでしょうか?多くの式場がチャペルを併設しているのもあり、日本ではとても人気の挙式スタイルです。基本的にはクリスチャンでなくても行うことが可能ですが、本格的な教会の場合は事前に講義や礼拝への参加が必要になる場合がありますので、確認してみてくださいね。

費用:10~30万円前後
おすすめポイント:ウェディングドレスが着れる、感動的なセレモニー

教会式の挙式費用は、10-30万円前後のようです。また、教会式で行われる儀式にはとっても素敵なセレモニーが詰まっています♡
ベールダウンは、新婦が新郎のところまで無事にたどり着けるようにと魔除けの意味が込められています。また、バージンロードは生まれてから今までの人生を表していると言われ、その上を歩くことで今までご家族と過ごした時間を一歩一歩噛み締めながら歩くことができます。
どれも今までへの感謝と、これからの未来への通過儀礼としてとても素敵な意味合いがあるのですね。ひとつ値上がりポイントとしては、聖歌隊や牧師、生演奏などの手配で費用が増えやすいポイントにもなります。

人前式

人前式のイメージ

両親やその他親族、親しい友人などの前で結婚を誓うスタイルの結婚式です。宗教による縛りもないため、出席者の宗教的背景にかかわらず、場所を選ぶことなく執り行うことができるのが特徴です。場所はチャペルや披露宴会場で行われることが多いです。挙式の式次第はふたりで決めることが可能なので、オリジナリティを出すことができます。

費用:約30万円ほど(演出による)
おすすめポイント:新郎新婦おふたりの個性が出せる演出が可能

スタンダードな形として、結婚の誓約を結んだあとに、立会人としてゲストに拍手やベルを鳴らしてもらうなど様々な形で承認のしるしをもらいます。ゲストとの一体感が生まれる、アットホームなスタイルが人気である理由のひとつでもあるようです。

結婚式場の種類

ホテルウェディング

ホテルウェディングの雰囲気

会場が広いのでたくさんのゲストにも対応してもらえること、宿泊施設があるので遠方のゲストへ配慮できることがポイントです。
アクセスも便利なので、参列者への負担も少なく済みます。

《こんな花嫁・花婿さんにおすすめ》
– 遠方ゲストやお年を召したゲストが多い
– ラグジュアリーな雰囲気での結婚式がしたい

ゲストハウス

結婚式のスタイルでゲストハウス

一軒家スタイルのゲストハウスは、1日に1組限定などのところも多く、貸切でのプライベートな空間で結婚式が可能です。アットホームな雰囲気と自由度の高さが魅力です。また、結婚式をするためにつくられたゲストハウスは、カップルやゲストの導線がしっかりとつくられているため、途中でゲストに会ってしまうなどのバッティングが防げたり、待合室が充実していたりと、設備がしっかりしています。

《こんな花嫁・花婿さんにおすすめ》

リラックスしたアットホームな雰囲気で結婚式がしたい
装飾などにこだわりたい

レストランウェディング

結婚式のスタイルでレストランウェディングの話

自分たちらしさが出せて、工夫次第では費用を抑えることも可能です。 レストランなので、披露宴をする場合も有名シェフが手掛けているなど食事にこだわりがあるところが多いので、メニューの充実さがで特徴です。

《こんな花嫁・花婿さんにおすすめ》

美味しいお料理にこだわりたい
カジュアルでアットホームな結婚式にしたい


様々な結婚式のスタイルがありますので、しっかりと話し合って自分たちがどんな結婚式にしたいのかを形にしていきましょう。
もし、それでも自分たちがどのような結婚式のスタイルでしたいのかが分からない場合は【ハピ婚】に頼ってください。現役のプランナーがお二人により添って、最高の結婚式を挙げられるように真剣にサポートしてくれます。

関連記事

 

 

プロポーズは、憧れからあたり前へ
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る