新婚旅行(ハネムーン)で気をつけるべきポイント

新婚旅行(ハネムーン)で気をつけるあるあるネタ

新婚旅行での気をつけるべきポイント

結婚式を無事終えていよいよハネムーンに向かう前のあなた、結婚式前で結婚式の準備とハネムーンの準備に追われているあなた、そして将来どこにハネムーンに行こうかなと夢見ているあなた。ロマンティックでハッピーなことだけの新婚旅行と思いきや、現実はそうでないことも。準備不足で旅行を楽しめなかったり、長旅の疲れや異国での緊張が相まって、お互いの嫌なところばかり見えてしまうこともあります。そこでこの記事では、新婚旅行(ハネムーン)に行く前に新婚旅行で気を付けるべきポイントをご紹介いたします。

プロポーズ・結婚準備に役立つ情報集はこちら↓↓↓
プロポーズ・結婚準備のイメージ

1.準備不足で楽しめなかった

どんなに忙しくても、行き先について調べてからいかかないと旅行を楽しめなくなってしまいます。とくに気候・気温について調べずに行くと、旅先で寒い(暑い)思いをすることになりかねません。服装については、暑さ・寒さ対策だけでなく、シチュエーションを考えて準備しないと、思わぬストレスになる場合もあります。素敵なレストランに行ったのに2人の服装がちぐはぐだったり、街歩きをするのにスニーカーがなくて、足を傷めるなどもありがちです。また、人気現地ツアーに参加するつもりが、すでに満員になっていて「事前に日本で申込していけばよかった」後悔した先輩カップルさんもいます。

◆対処法

限られた時間を楽しむには、気候やマナー、観光スポットなどを予めリサーチしておくことが必要です。「現地について何を楽しむかとか何も考えていなかったのでもっと下調べしておけばよかった」という声も・・・。2人のうちどちらかが分かっていればOKというものでもないので、お互い情報を共有していきましょう。また、宿泊先近くに危険なエリアがないかなど、安全面もチェックしておきましょう。ハワイやグアムといった人気観光地でも防犯行意識を持つことは、必須です。食品・飲料水などに関しても、問題がないか確認をしていきましょう。

2.お土産に悩みすぎてしまう・・・

新婚旅行でよく聞く声が「お土産を買う(選ぶ)のがめんどくさかった」というものです。これは新婚旅行に限った話ではありませんが、旅行先で頭を悩ませるのが、友人や仕事場の人へのお土産選びです。普通の旅行だとそこまで気にしなくてもいいかもしれませんが、新婚旅行となると親せきや友人だけでなく会社の方など、普段より多くの方にお土産を考える必要があります。

中にはお土産ものを選ぶことが大好き!それが旅行の醍醐味!という方もいらっしゃるでしょうが、せっかく二人の貴重な時間を過ごしにきたのに、他人のお土産のことに気を使うのはもったいなく感じますよね。なんでもいいから適当に買っていこうと思っていても、いざ買う時になると、海外では意外に適当なものが見つからないことも多く、想像よりも時間がかかってしまいます。たくさん買っていくのであれば、一つあたりの値段も気になりますし、スーツケースに全て詰められるようなサイズのものを探さないといけません。そこで、お土産探しに気をとられてのんびりできなくなることを避けるためにおすすめの方法があります。

◆対処法

旅行前にあらかじめ適当な商品をガイドブックやインターネットで目星をつけておいたり、観光中にいくつか候補の商品に目星をつけておき、最後にどれが一番適当だったかを候補の中から決め、最終日をお土産買いの時間にしたりするのです。最終日も、丸一日と言わず数時間で構いません。また、利用する空港が大きなところであれば、空港内でもお土産が見つかります。その場合は空港での待ち時間中に買えますので、あらかじめ出発空港も調べておくのが得策です。せっかく二人だけのハネムーンなのですから、他人へのお土産の心配をしすぎずに思いっきり楽しんでください。

3.スーツケースのサイズが足りない・・・

旅行は行きと帰りでは荷物の量が変わってきます。新婚旅行先にもよりますが、多くの国ではほとんどのものが現地でも揃うので、長期旅行用のスーツケースだと意外とゆとりが生まれてくるでしょう。そこで、行きの荷物の量が少ないからといって、二人でひとつのスーツケースにまとめたり、小さめのスーツケースを持っていったりするというのはあまりおすすめではありません。もちろん、普段から物を買いすぎるタイプの人で、ゆとりがあるとその分買いすぎるために敢えて小さめのスーツケースにする人もいらっしゃいますが、そうでない場合はできるだけ大きめのスーツケースをおすすめします。
それは、お土産がどれだけになるかもわかりませんし、せっかくの旅行先で思わぬ買い物をするかもしれませんので、帰国する頃には想像よりも荷物が多くなってしまう可能性が大きいからです。スーツケースに入らなければ預け入れ荷物を増やせばいいや、と思うかもしれませんが、預け入れ荷物の追加は、航空会社によっては高い費用を取られてしまうことがありますので注意が必要です。そのため、荷物が増えると安くない費用を追加して預け入れるか、手荷物として機内に持ちこむかになります。

◆対処法

ビニールの大きいカバンを小さく折りたたんで持っていき、荷物がスーツケースに入らないようでしたら、入らなかった荷物をビニールカバンに詰め手荷物としてしまいましょう。ほとんどの航空会社は、手荷物としてハンドバッグ程度の大きさのかばんと、もう一つかばんを持ち込むことが可能です。このようなビニールカバンを持っていけば、向こうでどれだけ買い物をしても心配ありません。ビニールカバンは、100円ショップで売られているものから1000円〜2000円ほどのキャスター付きのものまであります。不要な場合は折りたたんでおけばいいですし、かさばらず軽いのでスーツケースの中でも邪魔にならない素敵なカバンです。

せっかくの新婚旅行なのに、現地でトラブルみ見舞われて楽しいはずの新婚旅行が嫌な想い出に変わらないように旅立つ前にしっかりと準備して、万全の状態で新婚旅行に挑みましょう。

プロポーズは、憧れからあたり前へ
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る