結婚指輪のgarden梅田 > 特設コンテンツ > 結婚指輪の基本Q&A

結婚指輪の基本Q&A

結婚指輪の基本Q&A

結婚指輪の基本Q&Aのイメージ

大切な二人の愛の証しをどう選べばいいの?まずは基本の確認から始めてみましょう!

プロポーズ・結婚準備に役立つ情報集はこちら↓↓↓
プロポーズ・結婚準備に役立つ情報集のイメージ

 Q1.いくらぐらいするの?

A.ペアで平均26.6万円

デザインや購入方法で価格は上下しますが、夫婦で20万円台が多いです。新婦の指輪には宝石付きの華やかなものが多く、その分価格も高めになる傾向があります。

 Q2.いつから探し始めるの?

A.遅くても結婚式の半年前にはスタート

運命の結婚指輪が決まっても、購入日にすぐに持ち帰られることは少ないです。ほとんどのブライダルジュエリーショップでは受注生産ですので、必要な期間を考慮して、余裕をもって選ぶことをお勧めします。また、挙式に間に合うようにと考えるカップルさんも多いのですが、入籍が挙式の前にするのであれば、入籍に間に合うように動きましょう。

 Q3.どんな素材があるの?

A.定番のプラチナの他にも、バリエーションは豊富

RosettEの結婚指輪でつるバラ~VINE ROSES~

プラチナ

結婚指輪の定番素材であるプラチナ。美しい白銀色や希少性の高さ、変質・変色に対する態勢の高さが魅力です。

シェールラブのベゴニアの結婚指輪

イエローゴールド

純度が75%のK18(18金)が一般的で強度が高く、プラチナに並ぶ人気素材です。カジュアルな雰囲気で普段使いもしやすい。

鍛造製法の結婚指輪FISCHER

ピンクゴールド

純金に銅を配合し、ピンクがかった色みにしたゴールド。愛らしいイメージで女性に人気の素材です。

アムールアミュレット結婚指輪シェリー

コンビリング

色の異なる地金の組み合わせたリングです。白銀色と金色が入っているので、両方にあわしやすく使い勝手の良さが特徴です。

 Q4.どんなデザインがあるの?

A.形や装飾、加工などでデザインは無限大

形の種類

結婚指輪の形でストレート

ストレート

ラインがまっすぐな形です。アクセサリーに不慣れな人も着けやすく、重ね付けにも適しています。
結婚指輪の形でS字

S字(ウェーブ)

緩やかなカーブを描いたライン。指を細く見せてくれる効果があり、優し気な印象になります。
結婚指輪の形でV字

V字

Vの字の形が特徴で指を長く見せてくれるラインです。Vのラインが深くなるほどシャープな雰囲気に。
 
シンプルな結婚指輪のフィッシャー

シンプル

職業や服装問わず、安心感の高いデザインです。リング幅や厚み、素材なので表情が変化します。
ミル打ちが可愛いシェールラブ

ミル打ち

指輪に小さな丸い飾りを規則正しく打刻する技法です。繊細でクラシカルな印象に仕上がります。
ダイヤモンドが美しいマリアージュエント

石尽き

アクセントに1つ付けたり、全体的に敷き詰めるなど、デザインは多彩です。誕生石の活用も◎。

 

 

 Q5.オーダーの方法は?

A.主な調達方法はこの3つ!この他にも手作りも人気です。

既製品・・・ショップに並んだデザインから選ぶリングです。その場の試着が可能で、他の購入方法よりも短期間で手に入れることができます。

フルオーダー・・・二人の希望をデザイナーに伝えて、デザインから起こしていきます。想いを込めたオリジナルリングを望む二人におすすめの方法です。

セミオーダー・・・ベースとなるデザインを選び、素材や装飾、石などを好みにアレンジして仕上げていきます。自由度の幅はショップ(ブランド)によって異なります。

※gardenはセミオーダーにこだわりを持っています。せっかくのお二人の想い出の結婚指輪だからこそ、ある程度アレンジ(素材や装飾)してもらい、より想い出に残る結婚指輪の提供を目指しております。

 


関連記事

 

 

プロポーズは、憧れからあたり前へ
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る