結婚式のお金はいくら必要?

結婚式の費用はいったいいくらかかるの?

結婚式の費用のイメージ写真

結婚式をあげたいのけれども、費用がいくらかかるのか分からなくて困ってる・・・。イメージではすごく費用が掛かるイメージがあって動くに動けない。というお悩みの方も多いと思います。この記事では結婚式の費用は実際いくらくらいかかるのかをご紹介したいと思います。

結婚式の費用は人数次第!

結婚式の費用は基本的には招待するゲストの数で変わります。ゲスト一人当たりにかかる費用は平均5万~5.5万と言われています。なので結婚式に50人規模で考えていらっしゃる方だと、50×5~5.5万=250万~275万円くらいを考えれば大丈夫です。ただ、式場やオプションなどによってもっとかかる場合もあります。

そんなにもお金を用意できない!

上記の内容をみて、『50人で250万円もかかるの!?そんなお金ない・・・。』と落胆してしまった方・・・大丈夫です!全額を二人で負担することはありません。招待されたゲストのお祝いのお金もあります。お祝いの金額は平均3.3万円と言われています。ですので、お祝いのお金が50×3.3万円=165万円くらいはお祝いでお金が入るので、実際の二人の負担額でいえば、250万円-165万円=85万円くらいがお二人に負担額になります。

結婚式の費用の内訳

結婚式にかかる費用の内訳は、以下のようになっています。結婚式に必要な費用を調べる際、会場代やドレス代などは容易にイメージできるでしょう。しかし、実はその他にも式の演出や装飾、お花にも費用が発生します。式の準備を進めていくうちに、初めて知るカップルも多いのではないでしょうか。

<費用の内訳>

挙式会場代
披露宴会場代
ゲストなどの料理代
ゲストなどの飲物代
会場の装花代
衣装(ドレス・ブーケなど)や美容・エステ代
写真や映像代
会場演出代
引き出物代
サービス代
その他(二次会・持ち込み料)

結婚式の費用の支払い時期

結婚式の費用は、式を挙げる3週~2週間前に支払う場合が多いです。つまり「前払い」ということになります。上記でお祝いのお金があるから大丈夫と書きましたが一度自分たちで負担しないといけません。また、会場を決めた時点で手付金として10~20万円ほどを先に支払います。つまり、会場選定の時点である程度まとまったお金を用意しておく必要があります。支払いには現金はもちろん、会場によってはローンの使用も可能です。ローンの場合は事前に審査があるため、支払方法についても早めに二人で話し合っておく必要があります。

二人で結婚式のために協力しよう!

結婚式はかなりの金額が必要になります。なので、二人の中で結婚式をあげたいなどの話が出たタイミングで二人で協力し合ってお金を貯めていきましょう。新しく口座を作り、給料が入ったら二人でお金を入れたり、その年だけはボーナスも貯めたり、二人で節約しあったりと結婚式という同じ目標にに向けて二人で協力しあえることが楽しかったりもします。

結婚式のことでお悩みなら『ハピ婚』がおすすめ!

大阪・梅田で結婚式場を探すなら《ハピ婚》|結婚式場紹介・フォトウェディング

プロポーズは、憧れからあたり前へ
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る