こんにちは。
スタッフFです。

前回までの内容はこちら!!
↓↓↓
https://garden-umeda.com/staff_blog/blog_24682.html

先日の鍛造編の続きに行きたいと思います。

  • 1/100mmまで削るところまではご案内しましたが
    その続きは、、、
    デザイン的に2色(銀色と金色)のデザイン
    の場合、鋳造製法ではロウ付けという作業を
    行いますが、ドイツでは【圧着】という技を
    使います。圧着とは違う金属同士を特殊な機械
    で釜の中を真空にし、そこで高温高圧をかけて
    くっつけてしまう作業のことです。この圧着は
    素材や日によって、温度や圧力のかける時間
    などが変化するらしく、熟練の技が
    必要とされるそうです。

    続いて、くっついた指輪の表面にラインのような
    溝を入れたい場合は、最初に出てきた研磨機とは
    また別の機械でラインを入れていきます。

    デザインを入れ終えるとダイヤモンドの
    セッティングの工程に入ります。
    ドイツの工場ではダイヤを留める作業は
    スコープで拡大しながら一石一石丁寧に留めます。

    最後は指輪の表面加工の作業に入ります。
    熟練のマイスターがデザインに合わせて幾多の
    表面加工を手作業で入れていきます。

    それから指輪の内側にレーザー刻印機を使って
    刻印を入れれば完成です。

『鍛造製法』は、文字通り金属を圧縮圧延して
鍛え上げていくことにより、鋳造製法では成し
えない耐久性と着け心地を表現することができる
製法です。
是非、一度garden梅田まで体験しに来てください。
garden一押し鍛造ブランドはコチラ!
↓↓↓
https://garden-umeda.com/brand/fischer

こんばんは。garden梅田のスタッフMです。
3月ももう半分!少しずつあったかくなってきて
気分もウキウキです(^^♪

今日はお客様のご紹介。
ドイツの鍛造リング、FISCHER(フィッシャー)のマリッジリングをご成約いただきました。

お客様のコメント
色々なブランドを着けさせてもらいましたが、
着け心地が最高で、デザインも気にいりました。
色々なブランドが見れるところとスタッフさんが
皆話しやすくてじっくり選べました。
とてもキレイで嬉しくなりました。

嬉しいコメントありがとうございました!

こんにちは!
スタッフFです。

先日は鋳造製法のお話をしましたが、
今日はもう一つの製法・・・鍛造製法です!

~【鍛造づくり】たんぞうづくり~

その名の通り金属を鍛え上げて作る製法です。
主に海外ブランドが良く使う製法です。
gardenでは
FISCHERフィッシャー】【Euro Wedding Band
SiARA】【Katamu】【GRACE KAMA
等々、他にたくさんご用意致しております。

鍛造づくりの指輪の一番の特徴は
何と言っても強度にあります!
鋳造づくりでは、地金(貴金属)の配合で
強度の調節をしていくのですが、実際そこまで
頑丈にはならなかったりします。

では、鍛造づくりはどうやって作られていくのか・・・
一言で鍛造づくりと言っても、色々な製法が
あったりするのですが、今日はドイツの工場でされている
作業工程でお話します。

まず日本からドイツの工場に発注をかけます。
日本から注文が届くと、
その人のためにカルテを起こします。
そのカルテに沿って指輪を作り出すのですが、

まず、地金の精製をします。

純金・純プラチナ・純パラジウム
から18金・Pt950・Pd950の延べ棒を作ります。

次はその延べ棒を使って熱を加えながら円柱の形をした
棒を作ります。

それに150t以上の圧力を加えて圧縮します。
かなりぺっちゃんこになるまでどんどん圧縮します。
(布団圧縮袋のようなノリです。)

次は圧縮した棒に60tの圧力をかけられる
機械で小さな輪っかをくり抜きます。
私がドイツの工場に見学した際に、そのくり抜いたばかりの
輪っかを触ろうとして職人さんと周りの人にガチギレ
されたのはいい思い出です。
すごいエネルギーでくり抜くので触ると火傷するレベル
の熱を持つみたいです。

くり抜いた輪っかはまだ人の指が入らない程の大きさなので
内側から圧力を加えて大体のお客様のサイズまで伸ばします
(圧延って言うんだぜ!)
ドイツリングの強度の秘訣はここにあります!!
圧延することによって、圧縮する力と延ばす力を
二方向からかけるので金属を安定させる事が出来ます。

伸ばした輪っかを大体の形まで職人の
手作業で削りこんでいきます。

ある程度削り終えると、削りこみの最終は『CNC』
という機械で1/100mm単位まで削っていきます。
こうしてしっかり削るからこそ、リングの内側を丸く削る
『内甲丸』という技を指輪に極限まで盛り込むことができ、
世界でも類を見ない素晴らしい着け心地となります。

ここから石留めや、表面加工、圧着やらいろいろな
工程があるのですが、話が長くなる
ので続きは次回にします。

少し興味出てきましたか??もう少しマニアックにお話しも
できるので、ぜひgardenの鍛造づくりのブランドの
指輪を触りに来てください!
来てくれた人には絶対損させませんよ!

garden梅田は日本製のブランドから海外製のブランドを
90ブランド以上(関西最大です)ご用意してお客様
をお待ちしております。

gardenの一押し鍛造ブランドはこちら!!
↓↓↓
https://garden-umeda.com/brand/fischer

 

2019.03.1

AMOUR AMULET☆

みなさんこんにちは!
本日はAMOUR AMULETを紹介いたします

 

 

 

2色のコンビリングがとてもきれいなAMOUR AMULETのリングは
おしゃれなお二人に大人気です

 

 

ゴールドが少し入ることで、肌なじみが良く、
またお持ちのファッションリングとも合わせやすくなります(*^_^*)

 

 

全て一から、お二人の為におつくりいたしますので、
素材変更やメレダイヤモンドのお色味変更は
お好みによってアレンジして頂けます

沢山の種類のリングを取り揃えておりますので
是非一度着け比べを楽しんでみてください(^O^)

ご来店お待ちしております

 

ご来店予約はこちら

 

 

 

こんにちは。
スタッフFです。

今日は、gardenで取り扱う指輪たちがどうやって
作られているのかをお話ししたいなーと思ってます。

指輪って実は作り方が色々あるんですよ。

大きく分けると

【鋳造づくり】・【鍛造づくり】

ちゅうぞうづくり・たんぞうづくり
の二つです。

今日は【鋳造づくり】を案内します。

gardenに並んでいるほとんどの指輪がこの製法
で作られています。

鋳造づくりとは、溶かした金・プラチナを
型に流し込んで造る製法です。
型を用意して作るので、繊細なデザインでも
しっかり作れます。物理的に不可能なもので
なければこの製法なら作れます。
なので、ほとんどの指輪はこの製法で作られます。

作業行程は
まず原型となる方をワックス(ロウ)を削って造るのですが、
今は機械で削ったりして作りますが、
昔は手作業で作ってました。

出来上がったモノを、次は石膏の中にいれて合体させます。
次は合体させたものを熱します。
そうすると、中のロウだけが溶けて、石膏の中に
空洞ができます。

次は、空洞の出来た石膏に溶かした金属を
流し込んで冷まします。
冷えたら石膏を割って指輪を取り出します。
(この作業で金属に気泡が入ったりすると
指輪の耐久性がガクンとおちます)

取り出した指輪に宝石を留めたり、金属部分
の表面を磨いて仕上げて完成です。

なんか文字に起こすとすごく簡単に見えますが、
実際はもちろん難しい作業です。
型に流し込む作業も本来は、気泡が入らない
ように特殊な機械を使ったり、
表面の仕上げも手作業で磨いていくので、
ピッカピカに仕上げるのも職人さんの腕の
見せ所です!
指輪一つ作るにもいろいろな職人さんのこだわり
がこもっていたりします。

今から指輪を選ぶ人も、もう指輪を選び終わった人も
こういう事知って指輪探ししたり、自分の指輪を眺める
のも少し見え方が変わりませんか??

gardenでは婚約指輪900型・結婚指輪2000型以上
の関西最大の品揃えでお待ちしております。

garden梅田の指輪たちはこちらでご覧いただけます!
↓↓↓
https://garden-umeda.com/products

プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る