FISCHER(フィッシャー)

FISCHER

garden梅田は、FISCHERの 日本国内正規『フラッグシップ・ショップ』です。
FISCHERは、鍛造製法(鍛造作り)で結婚指輪を作るメーカーです。鍛造製法はドイツメーカーが世界でもトップの技術を誇りますが、FISCHERはドイツメーカーの中でも最高水準の技術力を持っています。

映画「ロードオブザリング」にも使われた、歴史を超えて受け継がれるマイスターの伝統技術と、最先端の技術の融合から生み出されるフィッシャーのトゥルーリング。
長年の経験で培ってきた歴史的伝統技術と最先端のテクノロジーの融合が、フィッシャーの魅力的で質の高いモノづくりの活かされています。
世界中のお客様に愛されるよう魅力的なデザインは元より、質の良い商品を作るのはもちろんのこと、誠意ある対応を心がけ、日々努力しています。
フィッシャーのウェディングリングであなたの素晴らしい人生の1ページをスタートしてください。
ドイツのゴールドマイスターの手によって作られた鍛造リングならでは最高級の着け心地と、世界トップクラスの耐久性をご体感ください。

~FISCHERのこだわり~

源にあるのは、ドイツマイスターの精神

歴史を越えて受け継がれるマイスターの伝統の技術と
最先端の技術の融合から生み出されたFISCHERの
世界最高クラスのマリッジリング。
一つ一つ手間を惜しまず、
丁寧にハンドメイドで作り上げられます。

~FISCHERの製造過程~

1.カルテ

日本から注文が届くと、まずお二人様のためにお選びいただいた結婚指輪が、どのようなデザインでサイズが何号なのかなどのカルテ作りから始まります。

2.素材

FISCHERは自社で純金・純プラチナから18金・Pt950などの生成をしています。

3.鍛造

200t以上の力をプレス機にて地金をプレスします。圧力を加えて、金属の密度を高めて、ドイツリングならではの耐久性を作り出します。

4.鍛造(2)

圧縮した地金を60tのプレス機でくり抜きます。くり抜いた地金の輪っかを内側から圧力をかけて伸ばす『圧延』という作業もしていきます。

5.リングの成形

マイスターの手により、リング状に成形していきます。

6.真空圧着加工

異なった素材の金属を機械の中に入れ、真空状態の中で高温・高圧を加えて一体化させます。

7.削りだし

成形されたリングをさらに、最新の機械『CNC』で1/100mm単位までお客様の希望の形まで削り込みます。

8.ダイヤモンドのセッティング

マイスターが丁寧にハンドメイドでダイヤモンドを留めていきます。フィッシャーは丁寧に留めれるようにスコープ覗きながら石留めをする『マイクロセッティング』で石留めをしています。

9.レーザー刻印

FISCHERでは、刻印をすべてレーザーで刻印していきます。書体も10所帯の中から選べます。ちなみに、レーザー刻印の技術が世界でもトップクラスで映画の『ロードオブザリング』の指輪を製作した実績があります。

 

~マイスターとは~

FISCHERを語る上で外せないのが、『マイスター』の存在です。マイスターというのはどういった存在かと申しますと、日本で例えるならば、職人の親方さんにあたる存在です。ドイツでマイスターになろうと思うと、マイスターになるための試験に受からなけれいけません。試験の前にまずマイスターの下で3-5年の修業期間を経てマイスターに認められてからマイスターのもとから卒業します。そのあと2年間、専門学校に通い、そこから試験を受けますが、その試験も人生のうちに2回しか受けることができず、その試験に通ったものだけが『マイスター』の称号を名乗ることができます。非常に厳しい道のりを乗り越えた職人たちが作るからこそ、FISCHERは世界最高レベルの品質の指輪を作ることができるのです。

FISCHERが手作業にこだわる理由

鍛造メーカーはそれぞれ得意としている部分をもっています。ゲスナー(ドイツNo1メーカー)なら、他のドイツメーカーの追随を許さないほどの機械による精巧な造りで指輪を仕上げたり、EGFならマテリアルをフォルツハイムの工科大学との共同で地金の配合を研究して、他のメーカーが真似できない地金作りをしています。
では、FISCHERはどの部分に特化しているかというと、石留め・表面加工(マット)といった職人の手作業の部分で他のメーカーの追随を許していません。FISCHERはドイツメーカーでは珍しく、宝飾の石留め職人が立ち上げたメーカーです。ほかのメーカーは工業用のネジなどの部品メーカーが始まりのところが多かったりします。
石留め職人が立ち上げた工房だからこそ、他メーカーでは表現できないマットをできたり、そのマット加工も職人による手作業だから職人が変わるとマットの雰囲気が変わるといったこともなく、どの職人でもほぼ同じマットで仕上げてきます。石留めも※【マイクロセッティング】で全部のダイヤモンドを留めていきます。だから、FISCHERの指輪は納品後の石取れのクレームも異常など少なく、安心してお客様にお勧めすることができるのです。
※スコープで覗きながら石留めをすること。非常に熟練した職人でなければできない作業です。

~FISCHERの人気デザイン集~

※記載商品の詳しい内容は画像から商品の詳細ページを閲覧することが出来ます。

9650139
9750139

斜めのヘアラインの表面加工が特徴の結婚指輪です。斜めにヘアラインを入れることで光の反射が斜めに出る、珍しいマットです。ドイツリングらしいシンプルなフォルムのリングに手作業でマイスターが一点一点表面加工を施しています。フォルムもシンプルな平打ちの形に見えますが、着ける人の事を考えて着け心地が良くなるように角を少し落とした平甲丸の形にして着けて頂いた時に他の指にあたっても極力痛くならないような技術で指輪を作っています。シンプルだけど他の人の結婚指輪とは少し違う表面加工と着け心地の良さを気に入って頂いてお選びになられる方が多い指輪です。

9650349
9750349

指輪なじみの良いナチュラルテイストのデザインの結婚指輪です。素材もピンクゴールドでもイエローゴールドでもない、中間色のアプリコットゴールドが何とも言えない味のある色味で非常に指なじみも良い色の指輪です。また、表面加工も他とは違い、木の表面をイメージさせるような加工を施しています。この表面加工もマイスターの手作業で入れていくのですが、このような表面加工は手作業の場合、一点一点全く違う仕上がりになりがちな所を、違うマイスターがこの表面加工を担当しても同じ仕上がりになるあたりがFISCHERの職人たちが異次元の技術力である証明です。

9650381
9750381

非常にシンプルで着け心地を最優先した結婚指輪です。FISCHERの中でも厚みが最薄のデザインで、着けて頂くと全く他の指に干渉しない、着けていることを忘れてしまうような最高の着け心地が特徴です。指輪のサイドには、ミル打ちとは違うキラキラと光を反射するカットを入れています。寸分の狂いもなく、等間隔にカットが入ってくるのですが、これも実はマイスターによる手作業ですべて入れています。シンプルなデザインの中にカットのキラキラした輝きの美しさと、フォルムに絶妙な丸みを持たせてどこか暖かみと優しさを感じる結婚指輪です。

~FISCHERをお選びいただいたお客様~

 

FISCHERのお客様(1)

2人で色々見て素材は違うけど一緒のブランドデザインで最後まで残ったのがこの指輪でした。最初は考えていなかった幅太のストレートでしたがつけ心地がよく、決めました。

FISCHERのお客様(2)

初めてFISCHERを着けさせてもらった時、感動しました。何から何まで、担当スタッフさんありがとうございました。
  • 掲載している商品で、一部店頭に在庫が無い場合がございます。在庫に関してはお気軽にお尋ねください。
  • 店頭には掲載の商品以外にも多数ご用意がございます。
  • 商品の価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ご覧のディスプレイによって、実物と色が異なる場合がございます。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る