【大阪・梅田】最強の婚約指輪|IDEAL Pulu fort series

大阪の結婚指輪・婚約指輪garden梅田 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

選び抜かれた原石を、最高の技術によりカット。アイデアル カット®の美しいシェイプと、究極の輝きは他の追随を許しません。見るもの全てを魅了する美が、「理想 – アイデアル」という名にふさわしい輝きで、あなたの美しさを引き立てます。IDEAL®はその美しさと品質の良さでベルギー大使館推奨のダイヤモンドです。そのダイヤモンドを留めるために生まれた婚約指輪『Pulu fort serier~プリュ・フォール シリーズ~』。Pulu fortとはフランス語で最強を意味する言葉です。その名の通り、婚約指輪のリング部分すべてを鍛造製法でつくりあげ、変形や石取れの可能性が限りなく低い婚約指輪です。


一般的な婚約指輪の製造方法は鋳造製法という方法をとっており、原型をロウ材などで作ったあとに、型を取り、その型に溶かした金属を流して固めてつくるつくり方です。鋳造製法の良い点は、多彩なデザインをつくることが出来、なおかつ大量生産が出来るのでコストを落としてつくることもできる点です。しかしながら、耐久性があまり良くなく、変形してしまったり、ダイヤモンドが取れてしまったりする可能性が高いのです。
一方で鍛造製法という製造方法もあるのですが、こちらは簡単に言うと金属を圧縮・切削をしながらリングをつくっていくつくり方です。鍛造製法の良い点は圧縮をしてつくるので耐久性が高いので、鋳造製法に比べ、変形や石取れがしづらく、着け心地も滑らかという点です。
ただし、これまでの鍛造製法の婚約指輪はタイヤモンドを留める爪の部分までは鍛造ではつくっておらず、指輪部分は鍛造、爪部分は鋳造でつくり、ロウ付けという金属の接着材のような方法でつくっていました。それは、爪部分まですべてを一度に鍛造でつくろうとするとロスする金属部分が多く、費用が多くかかってしまうので、現実的ではなかったからです。


 理想を現実にした究極の婚約指輪『プリュ・フォール シリーズ

今回新作として登場したプリュ・フォールシリーズは爪部分まで鍛造で製作された、耐久性・着け心地が抜群に良い婚約指輪となっております。プリュ・フォールシリーズを語る上で必要な技術が3つあります。【①鍛造製法】【②圧着】【③高度な空間設計技術】この3つの技術を組み合わせることで初めてつくることが出来るのがプリュ・フォールシリーズなのです!!鍛造に関しては上記にて記しましたので、②の圧着についてお伝えいたします。


圧着とは、ロウ付けとは違い、真空の中で高温高熱を金属に加えることにより、金属同士を接着する技法です。真空の中で高温高熱を加えることにより、質量の高い金属が質量の低い金属を侵食するという性質を使用して接着するというものです。金属同士が絡み合うようなイメージで接着させているので、ロウ付けよりも遥かに耐久性の良い婚約指輪をつくることが出来るのです。ただし、非常に高い技術が要求されるので、基本的に指輪の製造方法としては用いられなかった技法なのです。


そして、高度な空間設計技術についてです。プリュ・フォールシリーズをつくるうえでもっとも大事なポイントとなっております。先程ご紹介した圧着ですが、金属の面と面でしか接着出来ないために、何個にも分けられたパーツにいかに面をつくるか、そして複雑なパーツを順番通り圧着していくことが非常に大切なポイントとなります。こうしたポイントを押さえることで初めて無駄な素材を減らしてつくることが出来、現実的な価格のALL鍛造の婚約指輪をつくることに成功しました。この技術は日本ではプリュ・フォールシリーズをつくっている工房でしかつくれません!!


プリュ・フォールシリーズのR’EVE

R’EVE~レーヴ~

プリュ・フォールシリーズのETE'NAL

ETE’NAL~エテネル~


最高品質のダイヤモンドと婚約指輪を両方兼ね備えたプリュ・フォールシリーズが気になる方はぜひ店頭で!!

ご来店予約

関連記事

滋賀の婚約指輪特集のバナー
【滋賀】人気プロポーズスポット おすすめ5選
滋賀の結婚指輪人気ブランド特集
ダイヤモンドの選び方
ダイヤモンドの輝き
IDEALダイヤモンド 究極の究極の輝き 永遠に残るお二人の愛の証
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る