フォトウェディングっていくらかかるの??

フォトウェディング(フォト婚)したいけど費用はいくらかかるの?

フォトウェディングの費用は??

近頃、フォトウェディング(フォト婚)を検討されるカップルが増えています。結婚式や披露宴を行わなくても、結婚の記念を残せるのと結婚式を挙げるよりは費用も安く抑えられるのはフォトウェディングの大きな魅力といえるでしょう。では、実際のところフォトウェディングにかかる費用はいくら必要なの??をご紹介したいと思います。

フォトウェディングで低価格でいい想い出を残したい方におすすめのフォトウェディングプラン(garden本店)!
gardenのフォトウェディング

フォトウェディング(フォト婚)は2種類!それぞれの費用は?

フォトウェディングには、「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」の2種類があります。それぞれ内容が違うので費用にも違いが出てきます。

スタジオ撮影・・・スタジオ撮影は撮影場所が屋内に限られます。基本的には、フォトスタジオの建物内で撮影すると考えていいでしょう。スタジオ撮影ではスナップ写真のほか、台紙付きで納品される記念写真も撮影できます。スタジオによっては、記念写真のみの撮影に限られているケースもあるので注意しましょう。費用の相場は、洋装と和装を着用した場合で平均5~15万円です。

・費用の内訳

①台紙付き写真×ポーズ数(記念写真撮影の場合)
② 撮影データ(スナップ撮影の場合)
③ 衣装レンタル代
④ 衣装小物
⑤美容(着付け・ヘアメイク)

 

台紙付き写真は、両家および新郎新婦分として2セットまたは3セットでの納品となるケースもあります。
スナップ撮影では、納品はデータ渡しで、アルバム制作はオプションとして設定しているスタジオが多い傾向です。

ロケーション撮影・・・ロケーション撮影は屋外で撮影を行います。フォトスタジオが指定する場所や、ふたりの希望する場所へ行ってスナップ写真を撮影します。スタジオによっては、屋外での撮影に加えて屋内での撮影も可能なプランをロケーション撮影プランとして用意されているところもあります。費用の相場は平均15~30万円です。

・費用の内訳

①台紙付き写真×ポーズ数(記念写真撮影の場合)
② 撮影データ(スナップ撮影の場合)
③ 衣装レンタル代
④ 衣装小物
⑤ 美容(着付け・ヘアメイク)
⑥出張費用

 

基本的にはスタジオ撮影と同様の内訳ですが、プランによっては出張費用が含まれることもあります。

フォトウェディングの費用の内訳をご説明!

フォトウェディングには一般的に次のような費用がかかります。

・撮影代
・衣裳代
・小物・アクセサリー代
・ヘアメイク代
・スタジオや照明などの設備代
・写真データ代、アルバム代

これらはまとめて基本のパックになっているか、基本パックに入っていなくても、オプション料金で追加できることがほとんどです。

フォトウェディングの費用の節約術!

挙式に比べるとフォトウェディングは費用的には安く済むかもそれませんが、実際はオプション代などで結構高額になる場合もあります。そんなフォトウェディングで少しでも費用抑える方法があります。

★撮影日を平日にする。

平日と土日祝日で費用が異なることが多いのでできるだけ平日に撮影しましょう。平日の撮影は費用を抑えられるだけでなく、スタジオが混雑しないというメリットもあります。

★衣装1着にする

和装か洋装かどちらか1着にした方が費用も抑えられるのでおすすめです。ただ、両方着たい場合はプラン料金が追加になり、当日の撮影時間も長くなることが多いですが人気です。結婚式と異なり、和装と洋装を両方着たとしても、フォトウェディングの場合は、比較的リーズナブルにレンタルが可能です。

★小物やアクセサリーを持ち込む

小物のレンタルに追加料金が発生する場合は持ち込むのもひとつの方法です。小物やアクセサリーは持ち込み料金がかからないことがほとんどなので、自分で用意することも検討してみましょう。

まとめ

挙式をするよりもはるかにリーズナブルにすることができるフォトウェディング。そんな人気のフォトウェディングの費用の詳細でした。沖縄などのリゾート地でもフォトウェディングをすることができるので、新婚旅行の中にフォトウェディングを入れ込むことも可能です。是非、自分たちらしいフォトウェディングで想い出に残してみませんか?

フォトウェディングに相談もできる『ハピ婚』に相談しよう!

大阪・梅田で結婚式場を探すなら《ハピ婚》|結婚式場紹介・フォトウェディング

プロポーズは、憧れからあたり前へ
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る