婚約指輪って必要なの?

婚約指輪って必要?何のために?誰のために?

婚約指輪って必要?

婚約指輪ってなんで贈るの?と不思議に思われたことはありませんか?
今回は、婚約指輪にダイヤモンドが選ばれるようになった理由をはじめ、結婚指輪との違い、左手の薬指に着けるようになった理由など、婚約指輪に関わる様々な意味を紐解いていきます。婚約指輪が本来持つ意味を知り、婚約指輪をお求めになる際の参考にお役立てください。婚約指輪を贈る由来には、深い歴史があるんです。

 婚約指輪の由来

婚約指輪の起源はエジプト時代の象形文字にみられます。円のかたちは永遠に途切れないものの象徴で、当時は結婚を意味していました。そのことから始まり、古代ローマでは何かの約束をしたことを鉄の輪を指に着けて証明していました。これが徐々に結婚指輪や婚約指輪として定着していったと考えられています。
中世に入るとルビーやサファイアなどの宝石が婚約指輪に使われるようになりました。ダイヤモンドの指輪が贈られるようになったのは、15世紀にローマ皇帝マクシミリアン1世が公女マリーにダイヤモンドを贈ったことにあやかったものとされています。日本では西洋の文化が一般的になった戦後頃から、ダイヤモンドの婚約指輪を贈ることが定番になりました。

ダイヤモンド

ダイヤモンドは宝石のなかで、最も丈夫で傷がつきにくい鉱石です。ダイヤモンドの婚約指輪には、ふたりの愛がいつまでも傷つかず永遠に続きますようにという願いが込められています。

 婚約指輪を贈る意味

現在の婚約指輪(エンゲージリング)には大きく分けて3つの意味があります。

【2人の婚約の約束をかたちとして示す証】
婚約はあくまでも約束であり、婚姻届のように明確な取り交わしはしていません。婚約指輪があることで、ふたりが永遠の愛を誓ったことを周囲へ明らかにできます。

【ふたりの気持ちや愛、決意の象徴】
普段一緒にいるカップルでも、婚約指輪があると自分たちは結婚するんだという気持ちが高まります。また、彼から彼女への結婚に対する決意の証明にもなりますし、彼女のご両親に対しての決意の表明にもなります。

【ふたりの一生の財産】
ダイヤモンドの婚約指輪はふたりの共有の財産として、子どもや孫に受け継いでいくことができます。ヨーロッパでは『ビジュー・ド・ファミーユ-家族の宝石-』という風習にもなっており、実際に恋人への婚約指輪として、親から譲り受けた指輪を贈ったという方もいらっしゃいます。

 

婚約指輪は彼女の為のもの!と思われている方は多くいると思いますが、実は彼の為のものでもあり、2人の為のものでもあるんです!結婚生活でご両親とも仲良くしていくためのアイテムでもあるので、ぜひご用意しましょう!

 婚約指輪を選ぶならgarden梅田!

プロポーズに人気の婚約指輪ならガーデン梅田

店舗名:Garden梅田
所在地:〒530-0013
大阪府大阪市北区茶屋町4-4
茶屋町ガーデンビル1F(アクセスはこちら
JR大阪駅・阪急梅田駅が最寄り
営業時間 11:00-20:00定休日年中無休(年末年始を除く)
TEL:06-6373-7888 

婚約指輪のページに戻る

プロポーズは、憧れからあたり前へ
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る