Mariage ent(マリアージュ エント)

Mariage ent

巧みの職人達が創り出す「着け心地」

マリアージュのリングを創り出す匠の職人たち。
絶妙なバランスを必要とする繊細なデザインは少しのズレも許されない匠の技と心意気で完成されます。
その品質は、決して量産には適さない手間隙かけた仕事が創り出す本物の美。

「マリアージュに出会えて良かった。」を目指しています。

素材も高純度で耐久性の高いPT950(ハードプラチナ)を使用し、指輪にセッティングするメレダイヤにもEX(エクセレント)カットでカット面58面すべてが左右対称の証であるH&C(ハート&キューピッド)がでる最上級のダイヤモンドを使用しております。
デザインは華やかなデザインから王道の指なじみの良いシンプルなデザインまで用意し、職人・素材・デザインすべてに一切の妥協のないクオリティーの指輪をお届けします。

~Mariage entのこだわり~

 

Mariage entとは

Mriage ent(マリアージュエント)とは、“相性のいい組み合わせ・結婚への入り口”を意味するブランド名です。
お二人のご結婚のはじまりから、ずっと時をともに重ねていく婚約指輪と結婚指輪。人生でただ一つの特別な指輪選びが、幸せな出会いとなりますように。そして、いつまでも笑顔でいられますように。
その想いをこめて、おふたりらしさを叶える指輪をお届けいたします。

素材へのこだわり

ピンクダイヤモンドは、全世界で産出されるダイヤモンドの原石の中で、わずかにしか採れない貴重な宝石です。ピンクダイヤモンドはダイヤモンドの突然変異的なもので、格子欠陥というものが原因で透明からピンクに変わります。格子欠陥とは、炭素原子同士の配列が何らかの原因で乱れてしまうことです。その乱れに光が吸収されてピンクになるのですが、普通のダイヤモンドの20万個に一個しか取れないとも言われています。マリアージュはその中でも、1ピース1ピース厳選し、厳しい基準をクリアした高品質のピンクダイヤだけを使用しています。お色も2色(濃いめのマリアージュピンク・薄めのフェアリーピンク)の中からお好みでお選びいただけます。
その希少性や美しさから【永遠の愛】を宝石言葉を持つピンクダイヤモンドは、花嫁の指先を彩るのにぴったりな宝石です。

メレダイヤへのこだわり

マリアージュの婚約指輪の脇石や結婚指輪に使われるメレダイヤモンドは、優れたカットである証の【ハート&キューピッド(H&C)】が認められるダイヤを基本クオリティとしています。
わずか1mmほどの小さなダイヤモンドにも、世界最高峰の『輝き』を纏うことでリング全体がこの上なく光り輝きます。
また、ハート&キューピッドには、『女性のハートを射止める』という意味もあるので、大切な女性への一生もののプレゼントに相応しいブライダルクオリティーといえるものです。
※ハート&キューピッドは、特殊なスコープでダイヤを覗いた時に左の画像のように見えるカットの事を指します。小さなダイヤにも58個の面が入っていてその面の一面一面が左右対称になっているものにしかでない現象です。

職人へのこだわり

マリアージュのこだわりのひとつでもある【職人】です。マリアージュはすべての作業を一人の職人がするのではなく、各工程ごとにそれぞれのスペシャリストが担当していきます。石留めや表面加工が得意な職人が仕上げるからこそ、ミルグレイン(ミル打ち)などの本来原型で作ってしまうところが多いのですが、手間を惜しまず一個一個のミルをハンドメイドで作り上げ、ダイヤに関しては、一部の職人しかできないスコープで覗きながらセッティングする【マイクロパヴェセッティング】という技法を用いて、非常に綺麗な完成度の高い指輪を作ることが可能です。

~Mariage entの人気デザイン集~

 

婚約指輪

Rond Bonheur
ロン・ボヌール

仏語で「幸せの輪」。ふたりを中心に広がる幸福の輪をデザインモチーフにしました。シャトンに隠された4枚のハートが四つ葉のクローバーを形づくります。マリッジは二人に微笑む「天使の羽」がモチーフ。
マリアージュの中でも、シンプルな婚約指輪ですが、こだわりも強く入っていて、一番は中石の高さです。一般的には、中石の高さは低いほうが良いと言われていますが、マリアージュ程の品質の良い脇石を使ってしまうと、高さが低いとせっかくの中石が脇石に紛れてしまうので、あえて高さをだして、着けて頂いて覗いてもらった時に男性の想いのこもったダイヤモンドが目に飛び込んできて指輪としてもより美しく見えるように作られた指輪です。

Cherir
シェリール

仏語で「愛おしい」。花婿が花嫁を大切に包み抱きかかえる姿をフォルムにしました。センターダイヤモンドは花嫁を象徴し、ピンクダイヤは花嫁を想う花婿の暖かな心を表します。寄り添うようにカーブを描くマリッジは互いに思いやり心が寄り添うふたりを表しています。
デザインはU字の優しいフォルムが特徴的で、一見華やかさが前面に来るのですが、着けて頂くとその優しいフォルムが指の馴染みをよくしてくれています。
また、中石を抱え込むようにセッティングされていますのでダイヤモンドに直接、衝撃が当たりにくく耐久性もよく考えられた婚約指輪です。

Presdici
プレディスィ

仏語で「近くに」。凛と咲くヤマユリのようにシンプルでいて華やかな美しさを持つデザインです。マリッジはユリの葉をモチーフにした、すっきりと美しいフォルムです。
S字のウェーブのデザインが特徴的で、手につけていただいた時に指の流れに綺麗に沿ってくれる形をしていますので指を非常に細く綺麗に見せてくれます。
両脇にセッティングされているピンクダイヤも少し大きめで薄くなりがちなピンクもはっきりと色を主張することができています。
両脇2石ずつのダイヤでデザインしていますので、しっかり華やかにも見せてくれますし、女性らしい可愛い一面を持ち合わせた婚約指輪です。

結婚指輪

Venus
ビーナス

仏語で「女神」。女神の頭上に輝くティアラを表した華やかなリング。花婿にとって女神のような存在である花嫁。花嫁を永遠に愛する花婿の気持ちをリングに閉じ込めました。マリッジリングは平和の象徴であるオリーブの葉がモチーフ。
ビーナスは、女性のリングは側面に施されたダイヤモンドが特徴的で、指につけると自分のほうからじゃないとダイヤが見えない設計になっています。私だけの隠れたダイヤモンドに魅力を感じてお選びになられる方が多いです。またダイヤが小さなものから少し大きめのものにグラデーションがかかるようにセッティングされていますので、輝きに大小の動きが出て、より綺麗さが際立っています。

Mer
メール

仏語「海」の意。すべてを包みこみ、優しく慰めてくれる、あなたにとって大きな海のような存在でいたい…。繰り返される波のようにお互いを想い合う心の行き交いが波をモチーフに表現されています。
左右非対称のデザインが特徴的で、片側にはホワイトのダイヤがしっかりセッティングされて、もう片側には濃いめのピンクとホワイトのダイヤが2石セッティングされています。ウェーブのかけ方も本来の流れとは逆の流れにすることで、指に馴染むというよりはしっかり綺麗な結婚指輪を主張していくでざいんです。一生に一回しか買わない結婚指輪だからこそ、こだわりと綺麗さをしっかり盛り込んだ指輪です。

Cherir
シェリール

仏語で「愛おしい」。花婿が花嫁を大切に包み抱きかかえる姿をフォルムにしました。センターダイヤモンドは花嫁を象徴し、ピンクダイヤは花嫁を想う花婿の暖かな心を表します。寄り添うようにカーブを描くマリッジは互いに思いやり心が寄り添うふたりを表しています。
シェリールは婚約指輪のほうも人気ですが、結婚指輪も色々なお客様にお持ちいただいています。
デザインは何といっても、しっかりセッティングされているダイヤの入れ方が特徴的で、ビーナスと同様に大小のダイヤをセッティングし、輝きのグラデーションをつくっています。マリアージュのこだわりのダイヤだからこそなせる、非常に綺麗な美しさを表現しています。

~Mariageのお客様紹介~

婚約指輪ご成約のお客様

大変満足しています!!結婚指輪もよろしくお願いします!

結婚指輪をご成約のお客様

担当スタッフさんが私の好みを良く理解してくれて、一番気に入りそうな指輪を選んでくれて本当に良かったです。
新郎、新婦で好みが少し違っているので、2人だけだと絶対気に入ったものを手にすることが出来なかったと思うけれど、いっぱいある種類の中から良いアドバイスを頂いて、2人の好みに合うものを手にする事が出来ました。ありがとうございました。
ご来店予約
よく似たブランド

UneMariageアンマリアージュのロゴ

Une Mariage
アンマリアージュ

Milk&Strawberryミルク&ストロベリーのロゴ

Milk&Strawberry
ミルク&ストロベリー

et.luエトルのロゴ

et.lu
エトル

ブライダルパック

ダイヤモンドの選び方
IDEALのダイヤモンド
ダイヤモンドの輝きの評価
指輪のメンテナンスサービス
サプライズプロポーズのお悩み解消
チタンで低アレルギー特集のバナー
  • 掲載している商品で、一部店頭に在庫が無い場合がございます。在庫に関してはお気軽にお尋ねください。
  • 店頭には掲載の商品以外にも多数ご用意がございます。
  • 商品の価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ご覧のディスプレイによって、実物と色が異なる場合がございます。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る