ミンサーリングは「あなたへの愛を、いつの世までも永遠に」という想いを込められています

かつて沖縄には愛する男女を結びつけた織物がありました。プロポーズを受けた女性が愛する男性へ贈ったものは言葉ではなく、ミンサー織の帯でした。帯には(五)と(四)の絣模様が織り込まれており、「いつの世までも永遠にあなたへの愛は変わりません。」という愛する人への気持ちが表現されています。そんなミンサー柄が刻まれているのがミンサーリングの最大の特徴です。

minsah-ring

一見すると幾何学模様のように見えますが、洗練されたデザインの中には物語を知るものだけがわかち合えるストーリーがあります。

いつの世も、自然と共に。
どこまでも広がる水平線のように果てしなく。新緑の中で咲き誇る花々のように凛々しく。生命の源、自然とともに生き、あり続けるという古来からの想い。ともに生き、支えあう喜びをいつの世も。

いつの世も、文化を繋いで。
沖縄の伝統織物、ミンサー。「あなたへの愛を、いつ(五)の世(四)までも永遠に」という想いを込めて、一反ずつ今日まで紡がれてきました。これからも先人たちの愛の心を、次の時代へ繋ぎ重ねることを使命として。

いつの世も、輝きを願って。
宝飾品を女性に贈ること。それは、限りある命を永遠の輝きに込めて願うこと。いつの世も、変わらない愛をその輝きに込めて誓う。その送り手の想いを大切にしたモノづくりにこだわり続けること。

いつの世も、あなたと共に。
今日から新しい歴史をともに重ねていくお二人を心から祝して永遠の愛を願い、カタチにする。「いつ(五)の世(四)までも、あなたと共に」時代を超えていつまでも。

 

ミンサーリングのデザイン紹介

OKA 023/023D

OKA 023/023D

ミンサーデザインの間には、爽やかな南国沖縄の象徴ブルーのダイヤを取り入れました。青はサムシングブルーとも言われるように幸せを呼ぶ、忠実・信頼の象徴とされる色でもあります。
OKA 034/034D

OKA 034/034D

ウェーブのラインが指をスッキリと美しく見せてくれます。女性のリングにはダイヤモンドも華やかに入っており特に女性に人気のデザインです。
OKA 004/004D

OKA 004/004D

女性用はブルーダイヤで透き通った水中をイメージ。その中に漂うのは固く誓った二人の絆。ミンサー模様が沖縄の海から生まれたように、新たな愛の二人だけの色が生まれる事を願いました。

気に入るデザインはございましたか?ほかにもミンサーリングのデザインは沢山ございますので、気になる方はコチラからご覧ください↓↓↓

ミンサーリング

ご来店予約
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る