結婚指輪のgarden梅田 > ブログ > 結婚指輪って意外と曲がりやすい⁉曲がらないために鍛造製法の指輪を選ぼう!

結婚指輪って意外と曲がりやすい⁉曲がらないために鍛造製法の指輪を選ぼう!

結婚指輪をお探しの皆さま、お二人にピッタリな指輪は見つかりましたか?数多くのブランドの中から1つの指輪を選ぶのって意外と難しいですよね。でも一生ものだからこそ、後悔しない指輪選びをして頂きたいです。そこで今回は、着け心地と耐久性を兼ね備えた『FISCHER(フィッシャー)』をご紹介いたします♪

FISCHER

源にあるのは、ドイツ・マイスターの精神

FISCHER【フィッシャー】は映画「ロードオブザリング」にも使われた、歴史を超えて受け継がれるマイスターの伝統技術と、最先端の技術の融合から生み出されるトゥルーリング(真実の愛の指輪)を作り出しています。 長年の経験で培ってきた歴史的伝統技術(鍛造製法)と最先端のテクノロジーの融合が、フィッシャーの魅力的で質の高いモノづくりに活かされています。 世界中のお客様に愛されるよう魅力的なデザインは元より、質の良い商品を作るのはもちろんのこと、誠意ある対応を心がけ、日々努力しています。 フィッシャーのウェディングリングであなたの素晴らしい人生の1ページをスタートしてください。

マイスターとは
ドイツの鍛造メーカーであるフィッシャー・FISCHERの社長

FISCHERを語る上で外せないのが、『マイスター』の存在です。マイスターというのはどういった存在かと申しますと、日本で例えるならば、職人の親方さんにあたる存在です。ドイツでマイスターになろうと思うと、マイスターになるための試験に受からなけれいけません。試験の前にまずマイスターの下で3-5年の修業期間を経てマイスターに認められてからマイスターのもとから卒業します。そのあと2年間、専門学校に通い、そこから試験を受けますが、その試験も人生のうちに2回しか受けることができず、その試験に通ったものだけが『マイスター』の称号を名乗ることができます。非常に厳しい道のりを乗り越えた職人たちが作るからこそ、FISCHERは世界最高レベルの品質の指輪を作ることができるのです。

FISCHERが手作業にこだわる理由
FISCHERフィッシャーの表面加工事例集

FISCHERのコンビリングは、必ず色違いのパーツをそれぞれ完璧に作りあげてから、真空の中で高温高圧をかけてくっつける《圧着》と言う作業で作り上げていきます。なので一色のデザインの指輪よりも倍以上の手間がかかります。手間がかかるのですが圧着で溶接していくことにより、一般的なロウ付けと呼ばれる作業よりも完璧にくっつけていくことができるので、あえて手間暇のかかる圧着作業に拘りをもっています。
※本来はもっと複雑な話なので詳しくは店頭スタッフにお尋ねください。

FISCHERのリングデザイン
ご来店予約

プロポーズは、憧れからあたり前へ
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る