結婚指輪のgarden梅田 > ブログ > 高品質のダイヤモンドを留めるには、鍛造製法のリング毎日外さずにつけたい方には鍛造製法のリングがオススメ!

高品質のダイヤモンドを留めるには、鍛造製法のリング毎日外さずにつけたい方には鍛造製法のリングがオススメ!

婚約指輪センターストーン(ダイヤモンド)にこだわって彼女に贈ってあげたい。でも外れてしまうんじゃないかなどの不安がありませんか?

結婚指輪毎日常につけた状態で日常生活をしたい。でも、石が取れたりリングが変形しないか心配など・・・。

本日はそういった悩みや心配を少しでも安心して頂ける強度(耐久性)にこだわったリングをご紹介致します。

 鍛造製法

石落ちのない究極の指輪を作る上で非常に大事なことは『製法』にあります。
指輪の製法には大きく分けると【鍛造製法】と【鋳造製法】の2種類があります。そのうちプリュフォールシリーズは、【鍛造製法】で指輪を製作しています。鍛造製法とは、その名前の通り“鍛えて造る製法”で、使用する金属に圧力を加えて圧縮し、鍛えながら指輪を作製します。金属の塊に叩いたり、ローラーで機械的に圧力を加えることで金属を安定させることができます。

 

 爪まで鍛造製法で作られた婚約指輪をご紹介いたします。

 

 IDEAL plus fort

 

PENSEE~パンセ~|IDEAL plus fort(アイデアル プリュフォール )

 

AVENIR~アベニール~|IDEAL plus fort
 
ETE’NAL~エテネル~|IDEAL plus fort

IDEAL(アイデアル)プリュフォールシリーズのエンゲージリング(婚約指輪)を作る上で最も大事なポイントは【高度な空間設計技術】にあります。今までの切削技術でもALL鍛造の婚約指輪を作ることは技術上可能で、鍛造で圧縮された金属の塊を削り込めば、鍛造の婚約指輪は製作できます。ただし、金属の塊から削りだすということは、指輪の価格も金属の塊分必要となり、婚約指輪は石座(ダイヤモンドをセッティングする部分)がある分、非常に厚みのある塊が必要になります。そのためALL鍛造で作製すると、とてつもなく価格の高い婚約指輪となるためALL鍛造の婚約指輪が世の中に出回ることはありませんでした。

プリュフォールシリーズの婚約指輪は東京大学卒業の専門空間設計者により、鍛造で圧着の婚約指輪うぃ作る上で一番最適な婚約指輪の設計を行っています。圧着というものは、金属の面と面でしか可能にならない技術で石座に杭を作り、指輪に差し込み、そこに圧着を行ってもしっかりと接着することはありません。ALL鍛造の婚約指輪を作るためには、何個にも分けて作られた鍛造のパーツにいかに面を作るのか、そして、複雑なパーツを順番通りに圧着していくのかが非常に大切なポイントとなります。こうしたポイントをしっかりとおさえることで、初めて無駄な素材を減らして作ることができ、現実的で良心的な価格のALL鍛造の婚約指輪を作ることに成功しました。この技術は、日本でも今のところプリュフォールシリーズ婚約指輪を作っている工房でしかできない技術です。

 世界でトップクラスの結婚指輪をご紹介致します。

 FISCHER(フィッシャー)

9650242/9750242
9650349/9750349
9650152WR/9750152WR
 

FISCHER【フィッシャー】は映画「ロードオブザリング」にも使われた、歴史を超えて受け継がれるマイスターの伝統技術と、最先端の技術の融合から生み出されるトゥルーリング(真実の愛の指輪)を作り出しています。 長年の経験で培ってきた歴史的伝統技術(鍛造製法)と最先端のテクノロジーの融合が、フィッシャーの魅力的で質の高いモノづくりに活かされています。 世界中のお客様に愛されるよう魅力的なデザインは元より、質の良い商品を作るのはもちろんのこと、誠意ある対応を心がけ、日々努力しています。 フィッシャーのウェディングリングであなたの素晴らしい人生の1ページをスタートしてください。

 各店の鍛造特集
プロポーズは、憧れからあたり前へ
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る