一生ものの結婚指輪にはドイツの鍛造リング「FISCHER」がおすすめです

みなさん、結婚指輪を選ぶ時何をポイントにして選んでいますか?デザイン・金額・アフターサービスなど、こだわりたい部分ってたくさんありますよね。一生に一度の結婚指輪だからこそ、”強度と着け心地”も視野に入れてみませんか?今回は、世界トップの強度と着け心地を誇るドイツ製のFISCHERをご紹介します!

 マイスターが製作するFISCHERの指輪とは?

FISCHERを語る上で外せないのが、『マイスター』の存在です。マイスターというのはどういった存在かと申しますと、日本で例えるならば、職人の親方さんにあたる存在です。ドイツでマイスターになろうと思うと、マイスターになるための試験に受からなけれいけません。試験の前にまずマイスターの下で3-5年の修業期間を経てマイスターに認められてからマイスターのもとから卒業します。そのあと2年間、専門学校に通い、そこから試験を受けますが、その試験も人生のうちに2回しか受けることができず、その試験に通ったものだけが『マイスター』の称号を名乗ることができます。非常に厳しい道のりを乗り越えた職人たちが作るからこそ、FISCHERは世界最高レベルの品質の指輪を作ることができるのです。

 世界トップのドイツ“鍛造製法”で作られるリング

ドイツの鍛造メーカーであるフィッシャー・FISCHERの製造過程の鍛造
200t以上の力をプレス機にて地金をプレスします。圧力を加えて金属の密度を高めて、ドイツリングならではの耐久性を作り出します。
ドイツの鍛造メーカーであるフィッシャー・FISCHERの製造過程のくり抜き
圧縮した地金を60tのプレス機でくり抜きます。くり抜いた地金の輪っかを内側から圧力をかけて伸ばす『圧延』という作業もしていきます。
ドイツの鍛造メーカーであるフィッシャー・FISCHERの製造過程の圧着
異なった素材の金属を機械の中に入れ、真空状態の中で高温・高圧を加えて一体化させます。
鍛造製法で製作することによって、指輪の変形や石どれも少なく、永く綺麗な状態を保ったままお使いいただけるのが良いですね。また、金属を圧縮して内側を削り出しているため、着け心地が格段に良いのも特徴です!是非店頭にて着け心地を体感してください♪
ご来店予約
 

 FISCHERのリングデザイン

 関連記事

 

 

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る