婚姻届はもう準備した?提出の際に必要な婚姻届提出のキホン

婚姻届提出準備
結婚するうえで必要な婚姻届。初めてのことで必要なものとかわからない…そんな不安を解消する婚姻届の提出に必要なものをご紹介します。

 提出の際に準備するもの

 
婚姻届
・各自治体窓口
・ネットでダウンロード
・結婚情報誌の付録
本人確認書類
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・写真付住民基本台帳カード
印鑑
・認印でも可能
・1人は旧姓の印鑑
戸籍謄本
・本籍地以外の役所に
提出する場合のみ

婚姻届
●各自治体
最寄りの役所でもらうことが出来ます。もらうときには特に必要なものはありません。結婚する本人以外でももらえるため家族や友人が代わりにもらうことも可能です。また、役所によって婚姻届がもらえる窓口が異なるため受付や自治体のホームページで担当課を確認しておくとスムーズです。

●インターネットでダウンロード
公的文書ですが、規定をキチンと満たしていればオリジナルの婚姻届でも提出が可能です!「ご当地婚姻届」や「キャラクター婚姻届」などインターネットで無料でダウンロードしたり購入したりすることが出来ます。ですが婚姻届の規定は「A3」用紙なのでサイズは要注意です。

●雑誌の付録
ゼクシィなどの結婚情報雑誌の付録で婚姻届がついてることも。限定デザインなどもあるので好みのものがあればとっておくと◎

本人確認書類
窓口での本人確認書類の提示が法律で義務つけられています。提出の際には必ず必要な本人確認書類ですが、証明書によっては2枚確認が必要なものもあるので事前に確認しておく方がオススメです。

●いずれか1つの提示
・運転免許証 ・マイナンバーカード ・パスポート
・写真付住民基本台帳カード ・身体障害者手帳
●2枚以上の提示が必要なもの
・写真が貼られていないマイナンバーカード通知書
・被保険者証 ・国民年金手帳

印鑑
署名欄に押印が必要です。結婚する2人の印鑑はもちろん、20歳以上の証人2人の印鑑も必要なので押し忘れの内容に注意。結婚する2人のうち1人は旧姓の印鑑での押印です。また不鮮明や記入ミスがあると提出の際に訂正印を求められることもあるので提出当日も印鑑は持参しておくのがオススメです。
●使用できない印鑑
・シャチハタ ・ゴム印 ・スタンプ印

戸籍謄本
本籍地以外の役所に婚姻届を提出する場合、戸籍謄本が必要です。戸籍謄本を入手するには本籍地の役所に行くか、郵送で取り寄せるかの2通りの方法があります。
●彼と彼女の本籍地と婚姻届を提出する役所が
・どちらも同じ →戸籍謄本は必要なし
・彼女のみ異なる→彼女の戸籍謄本が必要
・彼のみ異なる →彼の戸籍謄本が必要
・どちらも異なる→両方の戸籍謄本が必要

戸籍謄本を取得する際にも印鑑と本人確認書類、手数料が必要なのでお忘れなく!郵送の場合、2週間ほどかかるので余裕をもって取り寄せましょう。


まとめ

入籍日は、二人にとって大切な記念日。しっかり準備してまちがいなく受理してもらえるようにしましょう!

 結婚準備をするならgarden

結婚指輪を探すならgarden梅田

garden梅田
tel 06-6373-7888
大阪市北区茶屋町4-4茶屋町ガーデンビル1F

 

プロポーズは、憧れからあたり前へ
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る