結婚指輪のgarden梅田 > ブログ > サリネ・テクノロジー社とは??

サリネ・テクノロジー社とは??

「サリネ・テクノロジー社」はイスラエルに本社を持つ世界的企業で、ダイヤモンド関連ハイテク機材を開発製造している同分野でのリーダー企業です。 世界中の鑑定機関や研磨工場での導入シェアは80%を超えており、世界中のダイヤモンドのほとんどはサリネ社のテクノロジーを使用して製造、及びクオリティをチェックされています。 サリネはまさにダイヤモンドの信頼を象徴するブランドです。
サリネはダイヤモンドの輝きの評価システムのアルゴリズムを論文として宝石鑑定機関紙に発表しており、世界中で認知、承認されております。

ダイヤモンド業界を引っ張るサリネ

サリネ・テクノロジー社の最先端技術
Sarine Light™(サリネ・ライト)
ダイヤモンドの輝きを測定するサリネライト

Sarine Light™は、ダイヤモンドの輝きを科学的に測定、分析するシステムです。ダイヤモンドの輝きは、プロポーションをはじめとして、内包物の形状や位置、色味、そして原石の性質や微細な仕上げの差といった複雑な要因によって構成されます。
Sarine Light™はその輝きを最先端のテクノロジーで科学的に測定、評価するシステムです。

ダイヤモンドの輝きについてはこちらをご覧ください↓↓↓

サリネライトを生み出したサリネテクノロジー社

Diamond Journey™(ダイヤモンド ジャーニー)

 

サリネテクノロジー社で原石証明ダイヤモンドジャーニーの説明

原石が採掘された後はサリネの最先端原石3Dスキャナーによって、管理ナンバーをつけて登録され、管理されます。ここからDiamond Journey™のダイヤモンドはサリネによって全て管理されます。どのような場所に内包物があり、どのような形に仕上がっていくのかも全て管理されます。こういった形でダイヤモンドの原石証明を行っていきます。

原石証明の詳しい内容はコチラをご覧ください↓↓↓
ダイヤモンドジャーニーで原石証明のお話

 

Diamond Traceability
サリネテクノロジー社が保証するダイヤモンドの原産地証明

トレーサビリティ(Traceability)とは、トレース(Trace:追跡)とアビリティ(Ability:能力)を組み合わせた造語で、日本語では「追跡可能性」と訳されます。
選んだダイヤモンドがどこの鉱山で採掘され、どのような形の原石であったのか、その原石がどこの部分をどういう風にCut(カット)されたのかといった、選んだダイヤモンドの生い立ちを全て知ることができます。

トレーサビリティ(原産地証明)されたダイヤモンドはこちらをご覧ください↓↓↓
サリネテクノロジー社が保証するダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)のバナー


サリネテクノロジー社のいろいろとお伝えしてきましたが、サリネテクノロジー社の凄さが伝わったでしょうか?もっとしっかりとした情報がほしい!もっと知りたいと思われた方はこちらでサリネテクノロジー社の公式HPも紹介しておりますのでチェックしてもてください!

サリネテクノロジー社の説明のイメージ

関連記事
プロポーズは、憧れからあたり前へ
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る