【大阪・梅田】プロポーズ男子必見!!大きさだけじゃない婚約指輪のダイヤモンドの選び方

大阪の結婚指輪・婚約指輪garden梅田 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

 

プロポーズをする際、婚約指輪を贈りますよね?指輪を贈るという印象が強いと思いますが、実際重要なのはダイヤモンドを贈ることです。ダイヤモンドとは鉱物のなかで一番硬いとも言われそれをカットするとキラキラと美しい輝きを放ちます。また、その輝きは永遠に続きます。これらのことから、ダイヤモンドの石言葉では「永遠の絆」「純愛」などの意味があります。ダイヤモンドを贈ることで、パートナーに永遠の愛を誓うことが出来るのです。

 

 ダイヤモンドの4C

ジュエリーリフォーム

婚約指輪に使用されるダイヤモンドには4Cというグレードがあります。
大きさだけしか違いがないのでは?と思われがちですが
色味、透明度、カットの綺麗さで細かく評価されます。

 

Carat(カラット)

カラット(ct)数というのは重さの単位で、1ct=0.2gと世界基準で決められています。もちろん同じ形であればカラットが重ければ重いほど、見た目的にも大きくなりダイヤモンドの一番の特徴でもある【輝き】も大きくなるので満足感をより感じることができます。

 

Color(カラー)

カラーはアルファベットDからZまで23段階のランクがあります。Dが最も無色透明でZに近づくにつれて黄色っぽくなります。
プロポーズに贈るグレードとしては純粋無垢な気持ちでプロポーズするという意味を込めてDカラーに近い方がより良いです。

 

Clarity(クラリティ)

クラリティはダイヤモンドの中に含まれる内包物の多さ基準です。内包物が少ないほど珍しく光を遮らないためプロポーズの際は内放物が少ない物がオススメです。

 

Cut(カット)

カットはダイヤモンドの輝きに最も影響するところです。カットの中でも評価基準が「プロポーション(形)」「シンメトリー(対称性)」「ポリッシュ(研磨状態)」の3つに分類されます。この3つが全てパーフェクトであれば「3EX」最上級カットになります。

 

この4C評価のバランスで価格も変わります。もちろん4Cすべてトップグレードにするとなると価格もしっかりかかります。予算の中でどこをこだわりたいかを見比べないといけません。


希少性を重要視したい人はカラーやクラリティをこだわる!


ダイヤモンドは天然の鉱物の為、全て無色透明かと言われるとそうではありません。Dカラーの採掘量は全世界で採れるダイヤの中で2%の割合です。また、内包物は人間でいうとホクロみたいなものであって当たり前の世界です。ホクロがない人間が珍しいように内包物が少ないのは希少性がとても高いです。希少性が高いと特別感がありますよね。そんなダイヤモンドを贈るならカラーやクラリティにこだわりましょう。

 

視覚的な満足度を取るならカットやカラット数!


カラーやクラリティは肉眼でみても大きな差は出ませんがカラット数は見た目で大きさの違いが出ます。やっぱり大きく華やかなダイヤを贈りたいなら0.3ct以上のダイヤがオススメです。また、カットはグレードが下がると輝きも落ち着いてきます。キラキラとした輝きにこだわりたければCut評価が高いダイヤを選びましょう。

 


ダイヤモンドは同じに見えても奥深いところがあります。
何十億年も地下で眠っていたものが掘り起こされて
美しく輝くダイヤモンドになります。
プロポーズをするなら、ダイヤモンドまでこだわりましょう。

 

ご来店予約



関連記事
 
 
IDEALのダイヤモンド
 
プロポーズするなら

 

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る