【大阪・梅田】男性様からの愛の贈り物!ダイアモンドを選ぶなら知っておきたい“4C”をご紹介!

大阪の結婚指輪・婚約指輪garden梅田 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

ダイアモンド画像お二人にとってかけがえのない特別な贈り物である「婚約指輪」

これからの生涯を共にする婚約指輪。
心の底から満足のいくものを選びたいものですよね。
そのためには婚約指輪に相応しいダイヤモンドを見極める目が必要です。
本日はダイヤモンドをお選びいただく際に是非知っておきたい、
品質のグレードやその評価基準となる“4C”についてご紹介します♪


ダイヤモンドの4Cって?

4c画像

ダイヤモンドの品質を評価する基準として、1950年代にG.I.A(米国宝石学会)が開発した“4C”という品質評価基準が国際的に使用されています。4Cとはダイヤモンドの品質を表現するための基準であるCarat(カラット=重さ)・Cut(カット=輝き)・Color(カラー=色)・Clarity(クラリティ=透明度)の4つの要素を表した用語。そのため各頭文字を組みわせて“4C”と呼ばれています。
この4Cの組み合わせが、ダイヤモンドの品質と価値を決定します。

①Carat(カラット)

カラット画像

「○○カラットの大きなダイヤモンド」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、カラットは、「大きさ」ではなく「重さ」を表す単位です。
1カラット=0.2グラムで重くなればなるほど希少価値が高くなります。

②Color(カラー)
4c

ダイヤモンドは無色透明ではなく、実際にはかすかに色がついているものがほとんどで、無色透明なものほど高く評価されます。
婚約指輪にお選びいただくダイヤモンドは男性様からの愛の贈り物ですので、無色透明のものが良いとされています。
gardenではIカラーから最高クラスのDカラーまでお選びいただけます。

 

③Clarity(透明度)
4c
クラリティは「透明度」を表す基準です。
キズ・欠け、内包物の大きさ・場所・性質などを鑑定して評価が決まります。内包物も少なく、透明度が高いものほど評価も高くなります。

④Cat(研磨)

4c

カットは4Cの中でも一番重要で、ダイヤモンドの価値はこのカットでほぼ決まると言ってもいいほどの分野です。
ダイヤモンドは原石のままだと全く輝かず、カットされてはじめてそのダイヤモンドが持つ良さを引き出し、輝きます。
カットの中でも、「プロポーション」「シンメトリー」「ポリッシュ」にわかれています。

〈プロポーション〉
婚約指輪のダイヤモンドに多く用いられる「ラウンドブリリアントカット」は、58面体にカットされているダイヤモンドを意味します。
注がれた光を最も効率よく光学的に反射させる形として考え出され、世界的にも認められている唯一の形状です。

〈シンメトリー〉
シンメトリーとはダイヤモンドの左右の対称性を表しています。5段階で評価されていて、先ほどのプロポーションとシンメトリーの優れているダイヤモンドには、上部から見ると8つの矢、下部から見ると8つのハートが見えます。
これは「女性様のハートを男性様が射貫く」というロマンティックなもので、
「ハートアンドキューピット」と呼ばれます♪


〈ポリッシュ〉
ポシッリュとは、ダイヤモンド表面の研磨状態を評価する項目です。モース硬度の高いダイヤモンドの鮮明な反射と透過光を得るためには、ダイヤモンドをよく研磨しなければなりません。研磨状態のよくない石は、鈍くぼやけたり、白濁して見えることがあります。たとえプロポーションの良好な石でも研磨が良くなければ美しく輝きません。

この三つの項目が全てエクセレント評価されたダイヤモンドを「トリプルエクセレント」といい、
最高級のダイヤモンドを意味します。


以上がダイヤモンドの価値を表す“4C”のご案内でした。
婚約指輪をお選びいただく際はgardenスタッフがお二人にピッタリなダイヤモンドをご提案させていただきます♪
お客様のお越しを心よりお待ちしております!

 

ご来店予約

  関連記事
garden梅田のサプライズプロポーズ特集
 
garden梅田の記念日プレゼント特集
 
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る