結婚指輪のgarden梅田 > ブログ > ダイヤモンドの原産地がわかるとなにがいいの?

ダイヤモンドの原産地がわかるとなにがいいの?

みなさん、こんにちは。本日はダイヤモンドの原産地についての紹介です。ダイヤモンドの原産地証明がついているブランドで有名なところと言えばはティファニーですね。カナダに自社保有のダイヤモンド鉱山を持っていることで有名ですが、原産地の証明がついているとどういう点で良いのか、ということについてご紹介致します。

ダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)のバナー

ダイヤモンドをトレーサビリティ(原産地証明)するメリット

1.紛争ダイヤモンドが混入しない

紛争ダイヤモンドとは、『正統的な、かつ国際的に承認された政府に反対する勢力の制圧下にある地域で産出し、これら政府に対する軍事行動向け資金として利用されるダイヤモンド』のことを言います。ダイヤモンドビジネスは、大きな利益を生みます。そのため、時には紛争のための資金源となることもあるのです。

2.2次流通のダイヤモンドの心配がない

日本のダイヤモンド業界の大きな問題でもある『2次流通ダイヤモンド』。2次流通ダイヤモンドとは一度、人の手に渡ったダイヤモンドが中古市場に流れて、もう一度店頭で販売されるダイヤモンドです。ダイヤモンドを鉱山からトレーサビリティすることで2次流通ダイヤモンドのリスクを失くすことができます。

3.合成ダイヤモンドのリスクがない

ここ数年でCVDダイヤモンドなどの合成ダイヤモンドの技術の進歩が格段と進み、市場にも合成ダイヤモンドが増えつつあります。婚約指輪に使うダイヤモンドだからこそ、自然の神秘でもある天然ダイヤモンドに拘りたいという声も多く聞こえます。ダイヤモンドのトレーサビリティでこういった合成ダイヤモンドのリスクもなくすことができます。


一生に一回のお買い物である婚約指輪用のダイヤモンドを選ぶ上で、本物の天然ダイヤを安全にえらびたいですよね。原産地証明がついているダイヤモンドを選ぶことで確実に安全にダイヤモンドを選ぶことができます。

gardenでもIDEAL canadaという原産地証明付きのダイヤモンドをご用意しております。

ダイヤモンド選びで気になることがある方はぜひ、garden梅田へご来店ください!

もっと詳しく知りたい方はこちらから↓↓

gardenのダイヤモンドが選ばれる理由
サリネ・テクノロジー社|Sarine Technologies
ダイヤモンド ジャーニー ストーリー(原石証明)がついたダイヤモンド|アイデアル ジャーニー
プロポーズは、憧れからあたり前へ
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る