一生ものの結婚指輪にふさわしい高品質&耐久性重視ブランド『PilotBridal』


着け心地と硬さにこだわった究極の結婚指輪

着け心地と硬さにこだわった究極の結婚指輪

日本人にもっとも愛されているプラチナの結婚指輪。年月を経ても変わることのない特別な輝きは、ふたりの左手で揺るぎない人生の礎となります。フォーマルシーンはもちろん、ビジネスやカジュアルな場にも身に着けていられる「Pilot Bridal(パイロットブライダル)」のリングは、パイロットが生みだしたオリジナルのプラチナでつくられています。

なぜパイロットがリングを、さらにはリング素材のプラチナまでも、手掛けるようになったのでしょうか。パイロットは1918年、ペン先に用いる貴金属の製球や溶接に成功し、日本初の純国産万年筆を生みだします。用を極めた美しい道具は、国内だけではなく海外へと広がり、パイロットの万年筆は世界中から愛されてきました。人びとが信頼を寄せる万年筆に詰めこまれた貴金属加工や加飾技術をもとに、1972年にスタートしたのが宝飾事業です。深絞りという万年筆の鞘をつくる技法でのファッションリングを皮切りに、クラフトマンシップ溢れた作り手たちは業界に先駆けてシームレス加工によるリングを手掛け、継ぎ目(切れ目)のない仕様が結婚指輪にふさわしいと大きな話題になりました。

Pilot Bridal


PilotBridalのウルトラ・ハード・プラチナ

万年筆でつちかった貴金属特殊合金の製造技術をもとに、他社には類をみない純プラチナ(Pt999)のUHP(ウルトラ・ハード・プラチナ)とFHP(フレキシブル・ハード・プラチナ)を自社工場で製造しています。製造したUHPやFHPは、かならず造幣局の品位試験(純度の割合を調査)を行い、合格した素材のみを使っています。パイロットブライダルには、日常生活では変形しにくい強度と耐久性を備え、公的機関が品質を認めたUHPが使われています。

 PilotBridalの結婚指輪デザイン

 

長く身に着けるものだからこそ安心できる鍛造リングがおすすめです♪garden梅田には、Pilotのほかに耐久性を重視したドイツリングなどの取り扱いもございます!!是非店頭でご覧ください。

 

ご来店予約
 
 関連記事
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る