ディズニーの指輪でプロポーズ♡♡

大阪の結婚指輪・婚約指輪garden梅田 スタッフブログ

Recent Blog

Archives


皆さんこんにちは。
本日は女性に大人気のディズニーシリーズの婚約指輪をご紹介♪

ディズニーコレクションは細かいデザインまでこだわっていて
それぞれのキャラクターがモチーフになっています♡

ーCinderellaー

You’re my Princess ~ユーアー・マイ・プリンセス
名も名乗らずお城をあとにしたシンデレラ。そんなシンデレラに恋をした王子様。ガラスの靴に導かれ、ふたたび運命のふたりは出会い、そして結ばれます。
Brilliant Magic ~ブリリアント・マジック
シンデレラを変身させる美しい魔法。その輝きはいつまでもシンデレラを包みきらめきます。リングの流れに添って留められたでシンデレラを取り囲む魔法の軌跡を表現。12時の鐘が鳴り魔法が解けた後も消えずに残ったガラスの靴はシンデレラと王子を結びつけます。
Carry on Dream ~キャリー・オン・ドリーム
お城の舞踏会へと向かうシンデレラ。それは、幸せへと導く一歩となる奇跡のシーンです。シンデレラの夢を運ぶ、カボチャの軌道をマリッジリング表面に刻まれたラインで表現。男女のリングに合わせてはじめて完成する二人だけの道筋に願いを込めて。

 

ーFANTASIAー
 
Dazziling Star(ダッジリンスター)
ミッキーが放つ魔法は星のように夜空にまばゆく煌めきます。作中もっとも壮大で幻想的なシーンをイメージ。ひねり感のあるフォルムと腕に回り込むダイヤモンドの輝きでミッキーが自由に操る星の旋回軌道を表現しました。
Fantasy Magic(ファンタジーマジック)
夢の中で自由自在に魔法を操るミッキー。その神秘的で美しい軌跡をダイヤモンドで華やかに表現しました。流れるようなライン上に留められたダイヤモンドは、どの角度から見てもキラキラと輝きを放ちます。
Broom March(ブルームマーチ)
ミッキーの魔法で作り出された「ほうき」たちの大行進。整然と並べられた美しいダイヤモンドが並んで歩く「ほうき」たちと、次々と運ばれる水の反射を思わせる存在感のある輝きが魅力のブライダルリング。
 
 
ーbeauty and the beastー
True Beauty トゥルー・ビューティー
お城のボールルームで、恥じらいながらも手を重ね初めてのダンスを踊るベルと野獣。二人だけの舞踏会はベルと野獣の気持ちを近づけていきます。ベルと野獣の想いが繋がる美しく印象的なシーンをイメージしたロマンティックなデザイン。エンゲージリングの石座には、二人が躍る美しいボールルームと深紅の薔薇が表現されています。
Story of Love ストーリー・オブ・ラブ※期間・数量限定モデル
呪いを解くためのには、魔法の薔薇が全て散る前に誰かを愛し、愛さなければならない。ストーリーの中でゆっくりと愛を育んでいくベルと野獣。その様子を見守っているかのように、魔法の薔薇は美しくも妖しげに輝きます。二人の想いが重なり語り継がれる愛の物語を2色のカラーゴールドで表現しました。
Eternal Rose エターナル・ローズ
ベルを魅了する美しい魔法の薔薇。そして、儚く散りゆく花びら。物語の中で特別な存在である魔法の薔薇はベルと野獣を永遠の愛で結ぶ象徴でもあります。有機的でリアルな造形にこだわったエンゲージリングと花びらが舞う様子を想わせるマリッジリングで魔法の薔薇の神秘的な輝きを表現しました。
 
 
ーSTEAM BOAT WILLIEー
 
Two Rhythm~ふたりのリズム~

いつも一緒のミッキーとミニー。ユーモアいっぱいに仲良く奏でられたオクラホマミキサーの楽しいリズムを表現しました。リング全体に配された3段のミル珠。中央列ではリズムを刻むように大小の珠が踊ります。

Jolly Laugh~陽気な笑い~
大きくて丸い耳。かわいいしぐさ。豊かな表情。その陽気なキャラクターで世界中に愛される存在ミッキー。そんなミッキーが随所にあしらわれた遊び心あふれるデザイン。
Happy Flower~幸せのお花~
ミッキーの愛情でいつも幸せいっぱいのミニー。そんなミッキーとミニーのように、いつまでも続く幸せを祈ってミニーのお花をお守りとしてリングに忍ばせました。
ディズニーシリーズの婚約指輪はいかがでしょうか♪
見た目はもちろん、リングの内側の刻印もディズニーキャラクターが彫れたり
専用のリングケースもついてきます☆☆

是非お好きな方はご覧ください!!
 
 
ご来店予約
 

 
 

 

 

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る