MAKANA-マカナ-の結婚指輪は日本とハワイの二国間製作

大阪の結婚指輪・婚約指輪garden梅田 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

Makanaマカナのメイン画像


MAKANA-マカナ-


マカナは、ハワイアンジュエリーのマリッジリングです。マカナの指輪は、ハワイ独自の伝統的に育まれてきた模様が手彫りによって彫り込まれた製品で、日本の市場用にゼロから作り上げたアクアヴェール・オリジナルのマリッジリングです。日本で一般に流通している、単なるインポートもののハワイアンジュエリーとは本質的に異なり、アクアベール(日本の鍛造製法)と熟練職人(ハワイの手彫り)の二国間制作(日本の一生もののブライダルジュエリーのモノづくりへのこだわりとハワイの美しい彫りへの深い探求心)だからこそ生み出すことのできた、ハイデザイン・ハイクオリティな新生ハワイアンジュエリーです。


鍛造製法


マカナの指輪は、すべて日本の工場で鍛造製法にて作られています。なぜ指輪を鍛造製法で作るかというと、通常の製法では金属の密度が低く、耐久性が低くなり、長年使用していくとせっかくキレイに彫られた彫りが徐々に薄くなり、最終的には消えてしまう“彫りだれ”という現象を起こしてしまいます。なので、その彫りだれを起こさないようにするために、一本一本の指輪を日本で鍛造づくりで作ってからハワイに送り、彫りあげていくのです。そして、なぜ鍛造の工程はハワイではないのか、、、その答えは簡単です。鍛造製法の技術がまだ日本のほうが進んでいて、より耐久性の高い指輪を作ることができるからです。せっかくこだわって最高のハワイアンジュエリーを作り上げるのだから生涯安心して着けて頂けるものを届けたいという想いですべての指輪を鍛造製法で作っています。


たった一人の専属の彫師


マカナの全ての指輪は、たった一人の専属の彫師で彫っています。お二人がお選びになられた指輪は必ず同じ日に彫られています。違う職人で別々に彫ってしまうとどことなく、お互いの指輪の雰囲気が変わってしまい、ペア感が出にくくなってしまうので、マカナは必ず同じ日に一人の職人で彫ることで同じ雰囲気でペア感のあるハワイアンジュエリーを表現できます。一般的には、複数の職人で仕上げていくのですが、そういった雰囲気が変わることがないようにするためのマカナ独特のこだわりです。

 

Makanaの結婚指輪
Makanaマカナの2.8mmシリーズのPBでプラチナ
Makanaの結婚指輪

関連記事


梅田でプロポーズ
京都でプロポーズするならここがお勧めのバナー
奈良でプロポーズ
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る