婚約指輪を選ぶにあたって、知っておきたいダイヤモンドの知識。

プロポーズに欠かせない婚約指輪の主役となるダイヤモンド!

高品質なダイヤモンドを選ぶ事が出来る4つのポイントをご紹介。

梅田京都令和元年プロポーズリングの人気ランキングベスト3をご紹介します


 

1. Carat カラット

カラットは、大きさだと思われがちですが

実は、ダイヤモンドの重量を表す基準。

ダイヤモンドの重量の基準として、1ct=0.2g となります。

婚約指輪で一般的に選ばれるカラットは、0.2ct~0.5ct が人気。

婚約指輪のデザインとのバランスも考えながら選びましょう!

2. Color カラー

カラーは、ダイヤモンドの色味を表します。

色味の等級として、一番無色を表すDカラーから、黄色味を帯びたZカラーまで

D~Z の 23段階評価となっています。

幅が広い評価ですが、婚約指輪のダイヤモンドとして選ばれるカラーは

D・E・F・G・H が無色度が高く人気があります。

3. Clarity クラリティ

クラリティとは、ダイヤモンドの内包物の量を表す等級のことを指します。

10倍の顕微鏡でダイヤモンドの内部を見て、内包物の有無・大きさ・位置などの総合的判断によって評価されます。

FL/IF … 10倍の顕微鏡で見たときに内包物・キズが見えない(IFは外部にわずかに非常に微細な傷などが確認できる)

VVS1/VVS2 … ごく少量の内包物がある

VS1/VS2 … わずかな内包物がある

SI1/SI2 … 多少な内包物がある

I1/I2/I3 … 肉眼で内包物が見える

内包物とは、天然石にはほとんど存在することが多く、その中でも内包物が存在しない・少ないものは良質と判断されます。

内包物が少なければ、内部の透明度が増すので一般的に SI2 以上の評価から得選ばれることが多くあります。

4. Cut カット

カットは、ダイヤモンドの評価の中で唯一人間が手を加えて評価されます。

主に、評価されるのは プロポーション・ポリッシュ・シンメトリー の3つ。

この総合的判断により、3Excellent~Poor までの5段階評価が付きます。

中でも、プロポーションがエクセレント評価で、ポリッシュとシンメトリーがベリーグッド評価、または両方がベリーグッド評価のカットであれば

ダイヤモンドの内部に8つの矢・8つのハートが現れる

ハート&キューピットという評価が与えられます。

この4つがダイヤモンドの価値を決める基本となり、

業界では4Cとよばれます。

実際にグレードの違うダイヤモンドを見比べながら

自分が美しく感じられるダイヤモンドを選ぶことがおすすめ!

全てがハイグレードで揃えるも良し。

バランスを見ながら選ぶも良し。

自分が納得のいくダイヤモンドを選び、彼女へ贈りたい最高のダイヤモンドを探しましょう。


梅田京都神戸和歌山でプロポーズを応援するgarden梅田

プロポーズと言えばgarden梅田

 

garden梅田は『キャッシュレス・消費者還元事業』の対象店舗です!!

ご来店予約

 

 

プロポーズ応援企画 大阪でプロポーズをお考えの方へ
トップヘ戻る