結婚式相談するなら『ハピ婚』でお得に式をあげませんか

ハピ婚のイメージ

プロポーズが成功して、お二人の結婚が決まったらそこからはご両親へのあいさつ、顔合わせの段取り、結婚式場探し、二人で住む新居探しなど決めることがすごく多く存在します・・・。そんな結婚準備をプロの視点でアドバイスできるのが【ハピ婚】です♪

ハピ婚とは?

現場で活躍する現役ウエディングプランナーがマンツーマンでサポート致します♪値下げのアドバイスや結婚式場の裏側など、すべてを教えてくれる心強い味方が国内外問わず数ある結婚式場の中からふたりの希望をヒアリングしてベストな式場をご紹介できます!見学予約から成約時の仮予約、さらにキャンセルの連絡まで結婚式準備で発生するやりとりや直接言いづらいことなどを代行してくれる♪担当するのは現役のウエディングプランナーだから安心して任せられるのもうれしいポイント!さらに相談や打ち合わせは電話やメール、LINEやSkypeなどに対応致しております!いそがしいふたりや遠保にお住まいのふたりでも気軽に利用できるから、ふたりのペースで相談できます♪

結婚式場探しでのハピ婚のメリットは?

Point1 最低コストが実現できる!

Point2 結婚式場に来館する前見積もり例を確認!

Point3 見積もりは専属プランナーとチェック!

Point4 前撮り・映像アイテム・引出物もご紹介!

結婚式場のブライダルフェアに行く前に…
結婚式場の見学をする場合、見学にかかる時間は会場にもよりますが平均4時間!広い会場を見学したり、見積もりなどの詳しい話をプランナーさんから聞いたり…しかも大阪市内にもたくさんの会場があるので、何件も廻るのは重労働。ハピ婚では見学の前に2人の希望をヒアリングしてイメージに近い会場をピックアップしてくれるので安心♪

WAKANAパールは本来の美しさにこだわるからこそ無調色でしあげており、壱岐の美海で生まれる七色の輝きをそのままにあなたのお顔を明るくしてくれます。

無調色へのこだわり

類まれない美しさも無調色のいい所の一つなのですが、最大の利点は経年変化への強さです。無調色(人の手をあまり加えない真珠)なので長年お使いなられても劣化がしにくいのです。他の鉱物系の宝石とは違い、真珠は生物から作り出される唯一の宝石です。生物が作るからこそすべての真珠には個体差があり、色や形も色々です。それらの個性を揃えて一本のネックレスを仕上げるために、ほとんどの真珠には人工的に色を加えて整える調色という作業が施されます。本物にこだわる『WAKANA』はそういった人工的に色を付ける調色作業を一切していません。無調色の真珠が放つ本物の真珠の美しさを届けたいという想いで一点一点丁寧に作られていきます。

真珠を育てる環境へのこだわり

WAKANAを生産する上村真珠は、自分たちで養殖する場所も厳選して日本の中でも、長崎の壱岐でまだ他の魚の養殖に使われていない海が全く汚されていない湾を選んでいます。また、そこの漁業権をすべて借り上げて、今も他の魚種の養殖には使われず上村真珠の真珠のためだけに使用されている海でしか育てていません。汚れのない海で育てるからこそ最高品質の無調色パールを生産できるのです。

WAKANA
WAKANA

ぜひ無調色の真珠が放つ本物の真珠の美しさをお客様のその目でご確認ください。

ご来店予約

おすすめ関連記事

和歌山で最高品質のダイヤモンド

IDEAL®のダイヤモンドは、カットグレードの最高評価であるIDEAL CUT、そして輝きのグレードの最高評価であるUltimate★★★を兼ね備えた、まさに究極の輝きを約束するにふさわしいダイヤモンドです。妥協を許さないダイヤモンドの輝きへのこだわりと追求が実現させた品質です。
IDEAL®は通常のダイヤモンドとは異なり、厳密で明確な基準を設定しています。 5種類の基準【IDEAL CUT・Long Star(ロングスター)・3EX(トリプルエクセレント)・H&C(ハート&キューピッド)・Ultimate★★★(アルティメイトスリースター)】を満たさないものはIDEAL®として認められません。この全ての基準を満たすためには、原石の選定からカット工程での厳格な管理、そしてダイヤモンドのクオリティを正確に測定する技術が必要不可欠です。
この5つのこだわりすべてでIDEAL®はお客様に究極の輝きを約束します。
※アイデアルという名称を使用した類似品がありますが、基準をクリアした本物は『IDEAL®』だけです。

IDEAL
IDEAL

地球上に幾多の宝石が存在しますが、その中でも唯一、ダイヤモンドだけが『輝きを楽しむ宝石』です。 輝きこそが、ダイヤモンドの魅力なのです。原石から選び抜いた最高の輝き。選び抜かれた原石をベルギー・アントワープで最高の選び抜かれたカッターが 【理想の形】に削りあげる。それが、アイデアルカット・ダイヤモンドの魅力です。
ぜひ輝きの違いを店頭でご確認くださいませ。

ご来店予約
 関連記事

原産地と原石が保証された唯一のダイヤモンド【IDEAL Canada】↓↓↓
ダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)のバナー

ダイヤモンドの輝きを測定する【サリネ・ライト】↓↓↓
ダイヤモンドの輝きの評価

原石証明の詳しい内容はコチラをご覧ください↓↓↓
ダイヤモンドジャーニーで原石証明のお話

京都の結婚指輪特集はこちら↓↓↓

京都の人気な結婚指輪特集のバナー

おすすめ関連記事

本日は【TwinsCupid~ツインズキューピッド~】というブランドをご紹介します!

ツインズキューピッドの画像

一つの原石から生まれた、二粒のダイヤが結ぶ“永遠の絆”。ダイヤモンド。それは自然が生み出した奇跡。何十億年の長い年月をかけ、地球の中でひとつの結晶(原石)ができあがります。美しく輝く神秘的な光は、永遠の象徴です。ダイヤモンドの原石は、正八面体の形をしています。その原石をカットしてくとき、ふたつのダイヤモンドが生まれることがあります。TwinsCupidは双子のように誕生した奇跡のダイヤモンドを、男性様には内側に、女性様には表面にセッティングしました。さらに、ダイヤモンドの表裏に浮かぶハートとアロー(矢)の輝きは、まるでふたりの永遠の絆を天使が見守っているよう。何十億年も一緒だったダイヤモンドをふたりの絆の証として分かち合い、永遠の幸せをつないでいく“永遠の絆リング”です。

他にも店頭には色々なデザインのリングをご用意して、みなさんのご来店をお待ちしております。

 

京都の結婚指輪ブランド特集
大阪で結婚指輪のブライダルパック特典
プロポーズは、憧れからあたり前へ
 

おすすめ関連記事

鍛造製法の指輪特集バナー

 鍛造製法とは

鍛造製法の中にも2つの製造方法があります。

1.伝統的な鍛造製法

金属の塊を叩いたり、伸ばしたりして棒状にしたものを曲げて指輪を作る鍛造方法です。熱して柔らかくした金属が鍛えられ、引き締められながら徐々に成形されていきます。この鍛造製法は多くの手間と職人の経験や技量が必要とされる方法です。この技法は刀づくりなどにも用いられる長い歴史を持つ伝統的な技法です。

2.プレス・削りだしによる鍛造製法

金属をプレス機にかけて高圧で圧縮し、塊にしたものを機械で丸く打ち抜いたり、切削機で削り出したりして指輪を作る方法も鍛造製法です。第一次世界大戦のときにドイツで出来た技法です。戦地に向かう軍人さんたちが祖国に残す愛する人と同じ指輪を着けていける耐久性を持った鉄の指輪を作ったことがきっかけの技法です。この技法は自動車などの機械部品を作る工程を応用して制作される場合もあります。

結婚指輪にはこの「2」の製法が主に使われています。
鍛造作りのリングは密度が高く、気泡が残らないためかなり強度の良い指輪を作ることがで、一般的なジュエリーの製法である鋳造製法の指輪との強度を比べると、2~4倍と強いといわれています。ただ、職人の手でひとつひとつ作り上げていくため複雑なデザインを作るのは難しく、製作に時間がかかるのも事実です。

 鍛造製法の長所と短所

鍛造作りの◎長所

・鍛造することで密度が高くて強い指輪になる。
・鋳造製法に比べて変形にも比較的強く、金属表面の硬度も高い。
・鍛造製法のほうが手にしたときの質感(重量感、しっかり感)が高い。
・鍛造製法の方が表面硬度が高いため磨いた際の輝きも強くなります。
・金属の密度が高いため、金属の表面が滑らかになり着け心地も良い。

鍛造作りの△短所

・曲線や複雑なデザインを作るのが難しい。
・デザインは真っ直ぐなシルエットのリングに限定されがちです。
・伝統的な鍛造の場合は大量生産が難しい。
・職人の技量や経験が問われます。

 鍛造製法の指輪ブランド

鍛造作りの結婚指輪は奥が深く、もっともっと製作工程は繊細です。一生使いたい結婚指輪だからこそ、耐久性があるものを選びたいですね。鍛造リングを見たい方は是非、品揃えNo,1のgarden梅田 へお越しください。ジュエリーショップが初めてという方も多いですが、スタッフがお二人の好みに寄り添いご提案させていただきますので、ご安心ください。

ご来店予約

garden各店舖別関連記事

 

プロポーズは、憧れからあたり前へ
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズの銀の指輪シルバーリング
トップヘ戻る